えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

『 パッセンジャー』とは『望郷』であり『レオン』でもある

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


映画 『パッセンジャー』 予告 

 

映画ではじめて恒星間ラムジェットを描いた『パッセンジャー』はそれだけでモルテン・ティルドゥム監督に「ありがとう、ありがとう」としか言えないのが個人的な感想である。すでに支離滅裂だが、本当だから仕方がない。しかも、最新VFXで彩られたこの映画は60、70年代のSF映画やマンガの「香り」もするので好きな映画だ。

 

しかし、内容は問題をはらむ。という指摘は理解できる。できるけど、では主人公のジムの立場に立って弁護してみたい。「宇宙のタイタニック」がコピーにある映画だが、系譜しては男のための恋愛映画だからだ。

 

 

続きを読む

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』が語る「夢」

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』特報【HD】2017年3月18日公開 

 

ひるね姫』かなり観る人を選ぶ映画だ。正直に言えば自分も手放しでおススメするのにはかなり抵抗はある。あるが、冒頭にあれだけ自分の好きなモノを投入されたら応援するしかないではないか!

 

ここではある人物が本来なら他人の夢に入り込むことなど出来ないのにどうして「その夢」に入り込むことが出来たのかに注目して書いてみたい。実はこの部分は映画のテーマの根幹に関わると自分は考えているからだ。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com 

 

注:ネタバレ部分は白で書いています。反転してお読みください。

続きを読む

SF映画ファンとしての『モアナと伝説の海』評

ここでは題名を恣意的に表記します。[敬称略]

 


映画『モアナと伝説の海』日本版予告編 

 

 神話のポリネシアン世界を描いた『モアナと伝説の海』はSF映画ファンなら観ておくべき映画だ。ここでは自分のSF映画ファン心をくすぐった部分を書いてみたい。

  

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com 

 

ここから先はネタバレになります。映画を観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『ラ・ラ・ランド』は『君の名は。』だ!

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


「ラ・ラ・ランド」本予告 

 

『ラ・ラ・ランド』はミュージカルというよりもミュージカルリスペクト映画というのが自分の印象だ。そして内容はベタなドラマだ。

 

なのであのラストシーンは『セッション』のチャゼル監督の独自のジャズ感(もしかしたらあれは監督のジャズへの愛憎かも)も相まって賛否が別れている。とりあえず自分は賛の方なので今回はあのラストシーンで連想した新海誠君の名は。』と比べて書いてみたいと思う。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

  

注:ここから先はネタバレになります。二作を観ていない方にはおススメできません。

続きを読む
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ