えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

劇場公開

ネタバレギリギリ感想:『嘘を愛する女』はマジンガーZを中心で、愛をさけぶ

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] usoai.jp 食品メーカーに勤める川原由加利はふとしたきっかけで知り合った研修医である小出桔平と同棲をしていた。ある日を境に彼と音信不通になった由加利のもとに警察が訪ねてくる。桔平が路上でくも…

『劇場版 マジンガーZ INFINITY』の感想なんて書ける訳がないだろうが!!

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] www.mazinger-z.jp 『劇場版 マジンガーZ INFINITY』は『マジンガーZ』の10年後を舞台にしたアニメーション活劇。かつてDr. ヘルの魔の手から世界を救ったマジンガーZのパイロットだった兜甲児は現在…

『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』の若干ネタバレ気味の優しい批判

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] renegades.asmik-ace.co.jp マット率いる5人のネイビー・シールズが活躍する1995年紛争末期のサラエボが舞台。シールズの一人の恋人である女性から第二次世界大戦末期にフランスから奪われた重さ27トン…

ネタバレ有:『キングスマン ゴールデン・サークル』のちょっとだけ厳しめな感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] www.foxmovies-jp.com 『キングスマン ゴールデン・サークル』は『キングスマン』の続編。前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジーが迎える今回の敵はポピーが率いるゴールデン・サークル。キ…

『バーフバリ 王の凱旋』を観たあまりにも簡単すぎる世界で一番頭が悪いイカれた感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] baahubali-movie.com 『バーフバリ 王の凱旋』は前作『伝説誕生』の続編であり完結編。前作で自分の出自がマヒシュテマティ王国の王位継承者であったアマレンドラ・バーフバリの息子、シブドゥことマヘ…

『カンフー・ヨガ(吹替)』のしょうげきてきでかんたんなかんそう

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] kungfuyoga.jp 中国の考古学者であるジャックは同じくインドの考古学者であるアスミタから歴史に埋もれたある財宝を発掘してくれるように依頼される。ジャックは助手のシャオグヮンとヌォオミン、そして…

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』のネタバレスレスレの感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] zookeepers-wife.jp 『ユダヤ人を救った動物園』は実話の映画化。舞台は第二次世界大戦のポーランド・ワルシャワでナチス下の動物園を経営していたヤン園長の妻であるアントニーナが自身に降りかかる危…

『8年越しの花嫁 奇跡の実話』ちょっとだけ辛目の感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] 8nengoshi.jp 『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は実話の映画化。ふとしたきっかけで知り合って、互いの愛を深め合って結婚まで結びつけた尚志と麻衣。しかし麻衣は原因不明の病で昏睡状態に陥ってしまう。…

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』における二つの改革についてネタバレスレスレで語る

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] www.imdb.com 『最後のジェダイ』はスターウォーズサーガの8作目であり、レイ三部作の二作目にあたる。前作で探し出したジェダイマスターであるルーク・スカイウォーカーとレンとカイロ・…

『DESTINY 鎌倉ものがたり』の厳しめな感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] kamakura-movie.jp 『DESTINY 鎌倉ものがたり』は漫画『三丁目の夕日』の原作者、西岸良平による原作の映画化である。鎌倉を舞台に幽霊と妖怪と年の離れた夫婦が織りなす日常と冒険をVFXを駆使してコミ…

ケネス・ブラナー監督の『オリエント急行殺人事件』の魅力をネタバレスレスレで語る

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] www.foxmovies-jp.com 『オリエント急行殺人事件』はミステリー作家、アガサ・クリスティ 原作の二度目の映画化だ。トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で起こった殺人事件。乗り合わせた乗客…

『全員死刑』のネタバレスレスレでちょっと難しい感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] shikei-family.jp 『全員死刑』は実在した事件を元にして描かれた原作『我が一家全員死刑』の映画化。経済苦に陥ったヤクザの一家が、資産家の金を強奪しようとするが、人を殺してしまい、それがエスカ…

『鋼の錬金術師』の簡単で優しい批判

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] wwws.warnerbros.co.jp 『鋼の錬金術師』は架空の世界を舞台にした冒険活劇だ。主人公のエド(エドワード)はその世界でいうところの科学らしい錬金術を使って、子供のころあることをして肉体を失ってし…

『gifted ギフテッド』のネタバレスレスレの感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] www.foxmovies-jp.com 『ギフテッド』はボート修理で裕福ではない主人公のフレッド。亡くなった姉の子メアリーと一緒に暮らしていたが、メアリーが数学の天才であることを周りに気づかれたことをきっか…

『KUBO クボ 二本の弦の秘密』の簡単な感想。それは、まるで「物語」のように

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] みんな観よう! 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』はトラヴィス・ナイト監督の日本を舞台 -- 架空の日本らしきもの -- していないのにもかかわらず、違和感も感じず、それどころか日本愛に溢れたリスペクト…

『ジャスティス・リーグ』の簡単な感想。そして〇〇になる話

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] ユーモラスな部分が増えたおかげか、観ているうちはとても楽しい『ジャスティス・リーグ』だけれども、個人的にはちょっと違和感を感じた。そこで今回はあえて重箱の隅を突くのを承知で自…

『GODZILLA 怪獣惑星』は『魔法少女まどか☆マギカ』になるか予想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][修正有] ここでは『GODZILLA 怪獣惑星』の感想ではなく後二作ある、このシリーズの終わり方を予想してみたいと思います。何故ならこれがそのままこの映画の脚本を書いた虚淵玄(うろぶち げん)の特徴…

『マイティ・ソー バトルロイヤル』における愛しのロキ様

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] 「マイティ・ソー バトルロイヤル」日本版本予告 marvel.disney.co.jp 面白かったし、最高だし、傑作!ってことでいいじゃないか。『マイティ・ソー バトルロイヤル』。なので、今回は蛇…

『ラスト レピシ ~麒麟の舌の記憶~』の簡単で辛辣な感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] フィクションでお馴染みの手法であるマクガフィンといった概念は乱暴にいえば、主人公がある事柄に入ってゆく動機づけであり、その道具はなんだっていい。 言語学でいうイディオムは違う意味を繋いで別…

『シンクロナイズドモンスター』はウルトラマンが出ないウルトラ怪獣かも

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] シンクロナイズドモンスター予告 twitter.com 『シンクロナイズドモンスター』。ダメウーマンである主人公グロリアの再起を怪獣を使って描いたコメディだとは予想してはいたけど。それよ…

『ブレードランナー 2049』の 歪で優しい「愛(AI)」

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正訂正有] 映画『ブレードランナー 2049』予告 www.bladerunner2049.jp こちらの続きになります。 eizatuki.hatenablog.com 『ブレードランナー』(以降、『ブレラン』と表記)の続編『ブレード…

『猿の惑星:聖戦記』の「新しさ」について

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編 www.foxmovies.jp 人類は見事なまでに衰退しました!三部作最後を重厚感で締めた『猿の惑星: 聖戦記』の感想はこんな感じだ。正直、…

『エルネスト』で描写されたゲバラの「新しい人間」についてのネタバレスレスレの感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] 阪本順治監督×オダギリジョー/映画『エルネスト』特報 www.ernesto.jp 自分が良く使う言い回しで「観る人を選ぶ」があるが、これは見かけとは違ってテーマがズレているいるにも関わらず…

『ドリーム』において自分のような凡人はどう観るか問題について。そしてちょっとだけ愚痴

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][誤字修正有] 映画『ドリーム』予告A www.foxmovies-jp.com とても良かった! 『ドリーム』の感想がコレ。アフリカ系アメリカ人女性の地位向上をテーマに描かれた内容も教条に陥らずユーモラス --しか…

『エイリアン コヴェナント』感想:そして、どうして私は目が点になったのか?

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][誤字修正有] 映画『エイリアン:コヴェナント』予告D www.foxmovies-jp.com 目が点!『エイリアン コヴェナント』の感想はこれにつきる。確かに見所らしいのはあるのだが、それが一部のファンにしか通…

『散歩する侵略者』はSF! コメディ! そしてやっぱり黒沢清監督作品!!

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] 映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開 sanpo-movie.jp 熱心な黒沢清監督のファンではないので断言は避けるが『散歩する侵略者』の観易さは監督の作品歴でも上位に…

『ダンケルク』のおかしさ。そして美しさ

ここでは題名と名称を恣意的を表記します。[敬称略] 『ダンケルク(原題)』予告 wwws.warnerbros.co.jp 傑作!と、もろ手をあげて賞賛できないのが『ダンケルク』のツライところ。いや、観終わったあとの満足度は確かに悪くない。しかし、どこか違和感が…

『新感染 ファイナル・エクスプレス』で気がついたこと

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] 「新感染 ファイナル・エクスプレス」予告編 shin-kansen.com 傑作なんだからみんな観ろ!! (断定) 『新感染 ファイナル・エクスプレス』。この映画の画期的なところは、本来なら「混ぜ…

『ワンダーウーマン』雑談:もやもやの原因。またはクリス・パインの役割について

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略] 映画『ワンダーウーマン』本予告【HD】2017年8月25日(金)公開 wwws.warnerbros.co.jp 『ワンダーウーマン』、面白いとは思いつつもどうも個人的にはノレなくて、そのモヤモヤの原因を捜していたが、二…

『関ヶ原』を観る上で戦国の知識は必ずしも必要はない。あるいは原田監督イズムの話

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][誤字修正有] 「関ヶ原」本編映像 wwwsp.sekigahara-movie.com 今や大作全とした映画を撮るようになった原田眞人監督の『関ヶ原』。原作は司馬遼太郎で多くの人が期待するのは戦国武将たちのかけひきと…

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ