えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

劇場公開

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』への3のステップ<何ですかそれ?

ここでは題名を恣意的に表記します。[敬称略]『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』を観ました。 『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』予告編 オリバー・ストーン監督がリベラルの鈍器ならマイケル・ムーアはリベラルの利器だ。しかもかなり鋭い。ヘ…

ネタバレ有:『追憶の森』脳内ポイズンベリー風レヴュー

ここでは題名を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有] 追憶の森 : 作品情報 - 映画.com 今回のキーワード -- ある映画に似ている -- ここから先はネタバレになります。映画を観ていない方にはおススメできません。

ネタバレ有:これから『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』の話をしよう

ここでは題名を恣意的に表記します。[敬称略]『シビルー・ウォー キャプテン・アメリカ』を観ました。 シビル・ウォー キャプテン・アメリカ : 作品情報 - 映画.com 感想は「アメリカンニューシネマかよ!」。シビル・ウォー(内戦)から予想していた展開…

ネタバレ有?:『マジカル・ガール』は伏線の “アレ” を抑えているとよくわかります

ここでは題名を恣意的に表記します。[加筆有][敬称略]『魔法少女 まどか☆マギカ』じゃなかった。ファムファタールだった。 マジカル・ガール : 作品情報 - 映画.com MAGICALだから「魔法のようなもの」 だ。だからバルバラはダミアンにそれをした…

<ネタバレ>『スポットライト 世紀のスクープ』の二つの見所ポイント

ここでは事実より映画にそって展開します。[敬称略]『スポットライト 世紀のスクープ』を観ました。 スポットライト 世紀のスクープ : 作品情報 - 映画.com 『スポットライト 世紀のスクープ』は社会派映画で実録が売りだがブログ主にはこれは「仕事映画」…

<ネタバレ>『アイアムアヒーロー』脳内ポイズンベリー風レヴュー

ここでは題名を恣意的に表記します。[敬称略] アイアムアヒーロー : 作品情報 - 映画.com 今回のキーワード -- 純粋無垢の存在意義 --

ネタバレ有:『レヴェナント 蘇りし者』脳内ポイズンベリー風レヴュー

ここでは『レヴェナント 蘇えりし者』を『レヴェナント』として表記します[敬称略][修正有] レヴェナント 蘇えりし者 : 作品情報 - 映画.com 今回のキーワード -- 復讐劇ではなく、悟りを開く映画 -- ==== 「どーでした『レヴェナント』?」「まず題…

<ネタバレ>『キャロル』は原作を読んでいると感動が深くなります

適切ではない表記をみつけたので書き換えました。修正と共にお詫びいたします。[敬称略]『キャロル』を観ました。 キャロル : 作品情報 - 映画.com 『キャロル』は苦手な映画だ。同性愛だからではなく、頭を使う映画だからだ。美しい映像とキッチリとした…

<ネタバレ>『ヘイトフル・エイト』を観たなら『オオカミは嘘をつく』も観ておけ!<二作とも>

[敬称略]『ヘイトフル・エイト』を観ました。 ヘイトフル・エイト : 作品情報 - 映画.com マンガ『炎の転校生』に出る伊吹三郎の「心に棚を作れ!!」スピリットでいうなら「タランティーノ、お前大人になったな!」が『ヘイトフル・エイト』の率直な感想…

ネタバレ有:『リップヴァンウィンクルの花嫁』は黒木華がスゴイ!

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆誤字修正有] リップヴァンウィンクルの花嫁 : 作品情報 - 映画.com 岩井俊二の作風を一言でいうなら「浮世離れ」だ。だからリアリティよりいわゆる雰囲気で映画を進めるタイプの監督だ。だからメ…

<ネタバレ込み>エンタメは知識で楽しむものじゃありません。and 『ちはやふる 上の句』ちょこっと感想。の駄文

注:ここでは『ちはやふる 上の句』を『ちはやふる』として表記します。他の題名を恣意的に表記します。ネットでの『マネー・ショート』評で多いのは「経済と金融の知識があればもっと楽しめたかも」だったのだが。それは、違うぞ。ブログ主の主張は「それは…

<ネタバレ>『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を楽しむための二つの要素

注:ここでは『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を『マネー・ショート』と表記します。『マネー・ショート』を観ました。 マネー・ショート 華麗なる大逆転 : 作品情報 - 映画.com サブプライムローン、モーゲージ債、CDS、CDO等々難しそうな用語が…

ネタバレ:『スティーブ・ジョブズ』の二つのおたのしみポイント

ここでは事実より映画にそって展開します。[敬称略] スティーブ・ジョブズ : 作品情報 - 映画.com三つのプレゼン前に展開されるこの映画。実は伝記映画のつくりにはなってはいない。つまり「事実をでき得る限り忠実に描く」いわゆる “写実的” ではなく「い…

ネタバレ:『ガールズ&パンツァー 劇場版』&『ザ・ウォーク』脳内ポイズンべリー風レヴュー

注:ここでは『ガールズ&パンツァー 劇場版』を『ガルパン』として表記します。 ガールズ&パンツァー 劇場版 : 作品情報 - 映画.com ザ・ウォーク : 作品情報 - 映画.com 今回のキーワード --アクション映画のキモ--「ガルパンはいいぞ。ガルパンはい…

<ネタバレ>『白鯨との闘い』を楽しく観る二つの要素

[敬称略]『白鯨との闘い』を観ました。 白鯨との闘い : 作品情報 - 映画.com感想は後に書きますので以下は気がついたことをかきます。

<ネタバレ>『ブリッジ・オブ・スパイ』を楽しく観る二つの要素とおまけ

注:ここでは史実より映画に寄った書き込みになります。加筆有[敬称略]『ブリッジ・オブ・スパイ』を観ました。 ブリッジ・オブ・スパイ : 作品情報 - 映画.com もうスピルバーグは二代目フランク・キャプラを襲名しても良いと思える映画でした。以下、気…

<ネタバレ>『クリード チャンプを継ぐ男』を楽しく観る二つの要素

ここでは『クリード チャンプを継ぐ男』を『クリード』として表記します。[敬称略]ここでは以下の記事を補間するかたちになっております。<ネタバレ>『クリード チャンプを継ぐ男』脳内ポイズンベリー風レヴュー 島本〇彦風味 クリード チャンプを継ぐ男…

<ネタバレ>『クリード チャンプを継ぐ男』脳内ポイズンベリー風レヴュー 島本〇彦風味

注:ここでは『クリード チャンプを継ぐ男』を『クリード』として表記します。[敬称略] クリード チャンプを継ぐ男 : 作品情報 - 映画.com 今回のキーワード -- 感情移入の瞬間 --

ネタバレ有:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』脳内ポイズンベリー風レヴュー 期待編

注:ここでは名称を三部作は主人公で、シリーズ各作品を副題で表記します。[敬称略] こちらの続きになります。 ネタバレ?:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』脳内ポイズンベリー風レヴュー モヤモヤ編 - えいざつき ~映画と世情と日常と~ 今回のキ…

ネタバレ?:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』脳内ポイズンベリー風レヴュー モヤモヤ編

注:ここでは名称を三部作は主人公で、シリーズ各作品を副題で表記します。[敬称略] 今回のキーワード - 神は細部に宿る。 -

<ネタバレなし>『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を楽しく観るための二つの要素とおまけ

おまけを追加記入しました。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観ました。 宇宙をまたにかけた『親と子。そしてロマンス』の物語でした。以下、気がついたことを書きます。

今年観た映画を5つ思い出してみた。「日本映画編」

[敬称略]今年観た日本映画で印象に残ったものを思い出してみました。

<ネタバレ?>『007 スペクター』脳内ポイズンベリー風レヴュー。

注:ここでは『007 スペクター』を『スペクター』として記します。[加筆修正有][敬称略] 007 スペクター : 作品情報 - 映画.com 今回のキーワード -- グレイグボンドのテーマは何か? --

今年観た映画を5つ思い出してみた。「海外映画編」

ブログには書かなかったけれど。個人的に面白かった。印象に残った作品を5つ思い出してみました。〇 『NO ノー』 崇高な主義より、まずは意識させることの大切さを。〇 『薄氷の殺人』 もし川端康成がファムファタールを書いたら?〇 『ブラックハット』 さ…

『007 スペクター』を楽しめるかもしれない二つのポイント

『007 スペクター』について書きます。 007の最新作はあのスペクターとその首領プロフェルドの復活が話題なのだが。しかし、いくら映画の「お約束」でも中世ではなく現代で悪の秘密結社 が通用するのか?そもそも悪の秘密結社って何?の人も多いだろうか…

<ネタバレ?>『ミケランジェロ・プロジェクト』を楽しく観る二つの要素とおまけ

『ミケランジェロ・プロジェクト』を観ました。ミケランジェロ・プロジェクト : 作品情報 - 映画.com クライマックスに掛けているのだろうけれど、原題の『The Monuments Men』が個人的には好きです。なぜならモニュメンツ(記念碑)の方がこの映画の面白さ…

<ネタバレ>本当にあった『ヴィジット』な話

注:ここでは『ヴィジット』と『シックス・センス』のネタバレがあります。 『ヴィジット』について書きます。 と、いうよりも思い出したことについて書きます。記憶があいまいなので細かいところはお許しください。今はもうあきらめたが、ブログ主が昔、シ…

ネタバレ?:ここがヘンだよ『ジョン・ウィック』

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]『ジョン・ウィック』を観ました。 ガンファイトがとても印象に残る映画でした。あの地味そうでかつ実在しそうな「ガンフー」というアクションについてはオフシャルサイトのコラムに解説が載…

<ネタバレ?>『ドローン・オブ・ウォー』を楽しく観る二つの要素

『ドローン・オブ・ウォー』は題名とは裏腹にかなり地味な映画でした。 戦争の当事者なら自国の兵士の安全を優先するのが当然だ。それは、倫理だけではなく民主主義なら権力の基盤(それも重要な)ひとつだし人は国家の「資源」だ。無人機でそのリスクを減ら…

<ネタバレ>『アントマン』のアレを少しだけ考えてみる

『アントマン』はユーモアあふれるアクション映画でした。 映画でハンク・ピムが言っていた「原子レベルに縮むと元に戻れなくなる」問題について少し考えてみました。ちなみにアントマンになる仕組みはこの際考えないことにします。どうして「原子レベルまで…

ネタバレ?:『心が叫びたがたってるんだ。』は『true tears』リブート説を唱えてみる

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]『心が叫びたがってるんだ。』を観ました。 「口は災いの元」から「災い転じて福となす」映画でした。 本題に入る前にクライマックスの「ミュージカルに遅れたのにクラスメイトに罵倒され…

『進撃の巨人』のアレと脱力系タイアップのベスト3

注:ここでは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』を『進撃の巨人』として記します。 『進撃の巨人』のアレ。シキシマが白い部屋でみせたApple TVのリモコンのアレ。あれで「なんじゃこれは!」と激怒してはいけない。アレは邦画SFの伝統…

ネタバレ:『天空の蜂』を映画と原作を比べてみた

注:ここでは『天空の蜂』の映画と原作のネタバレがあります。[加筆有]『天空の蜂』を観てきました。 『天空の蜂』は映画としては傷が多い --これは後で書きます。-- がラストシーン前のメッセージで “絶句” したので、ブログ主にはあまり批判できない…

<ネタバレ>『ジュラシック・ワールド』と噛み付きの駄文。

こんな記事をみつけました。ジュラシック・ワールド: 戸田奈津子氏は誤訳をしたのか? - farsite / 圏外日誌 そうか、その視点があったか!実はブログ主も戦力という意味で「歯が足りない」だと思っていた。もっとも、それが誤訳だと思わなかったが。「戦力…

<ネタバレ>『日本のいちばん長い日』を楽しくみるための二つの要素とおまけ

注:ここでは史実よりも映画にそった形で記します。[敬称略]原田監督らしい映画でした。 よくわからないところがあるので書いてみます。〇 聖断大本営 - Wikipedia 御前会議 - Wikipedia 太平洋戦争(というよりも日本の戦争)は聖断が二種類ある。まずす…

<ネタバレ>『ジュラシック・ワールド』のアレを検証する

怪獣映画でしたよ『ジュラシック・ワールド』は 『ジュラシック・ワールド』はクライマックス前のインドミナス・レックスとラプトルと成立していたアレ。観ている人は「何じゃこれ?」と感じたアレは本当にできるのか?一応、ヒントはある。ラプトルの鳴いて…

<ネタバレ>『日本のいちばん長い日』のバックストーリーを書いてみた。<してもいいよね?>

注:ここでは内閣、議会、派閥を単に政治として、そして部署、司令部等をまとめて軍として記しています。[加筆修正有り]『日本のいちばん長い日』が公開されました。(実はまだ観ていない) 映画での終戦までの「どうしてこうなった」感を書いてみました。ポ…

<ネタバレ>『アリスのままで』の駄文

『アリスのままで』について書きます。 『2001年宇宙の旅』で宇宙船を人工知能のHALに乗っ取られた船長がコントロールを取り戻すためにHALのメモリユニットを抜き出してゆくとやがてHALは停止する。ありていに言えば『アリスのままで』はそんな…

<超ネタバレ>『ジュラシック・ワールド』の原作はこれだ!

こんな記事をみつけました。【ネタバレ注意】ジュラシック・ワールド観てきた!恐竜が会話してたww - 映画.net スタッフはこれを絶対に観てるな。(いや、当然か) 思っていた以上に怪獣映画だった……GOOD!!ケース標本 モササウルスの歯 [おもちゃ&ホビー]

『アベンジャーズ』VS『ターミネーター』共生編

注:ここでは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を『アベンジャーズ2』として『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を『ターミネーター5』として記します。[可筆しました]ところで最近の人工知能(以下AIと記)の話題でよく流れる2作品だけ…

『アベンジャーズ』VS『ターミネーター』滅亡編

注:ここでは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を『アベンジャーズ2』として『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を『ターミネーター5』として記します。『アベンジャーズ』と『ターミネーター』の共通の敵は人工知能だ。今や予算100億…

『アベンジャーズ』に成れないアメリカンヒーロー。ベスト3

注:ここでは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を新作『アベンジャーズ』として記します。新作『アベンジャーズ』は中継ぎ感あふれる作品でした。かつて予算をかけたわりにはヒットと評価が微妙なヒーロー映画を思い出してみました。① 『フラッシ…

『アベンジャーズ』VS『ラブライブ!』漫才編

注 : ここでは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を『アベンジャーズ』として『ラブライブ!The School Idol Movie』を『ラブライブ!』として記します。 「ざまーみろ、『ラブライブ!』」「いきなりやな」「まず、これを見ろ」「アベンジャーズ…

<ネタバレ>『マッドマックス 怒りのデス・ロード』で思い出した三つのチェイス映画

注 : ここでは第一作目を『マッドマックス』と記し『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を『怒りのデス・ロード』として記します。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は新たな伝説になるかも。 関連してチェイス映画3本を思い出してみました。その一…

ネタバレ:『ラブライブ!The School Idol Movie』のふたつの見所ポイント

ここでは題名を恣意的に表記します。[加筆修正有] 興行収入NO.1おめでとうございます。 eiga.com あとちょこっとだけ書きます。

<ネタバレ>『ラブライブ! The School Idol Movie』を淀川長治風に論評してみた。<全然なし>

注:『ラブライブ!The School Idol Movie』を『ラブライブ』として記します。[敬称略:加筆修正] はい。今日紹介するのは2015年の作品『ラブライブ』です。日本のアニメーションです。ウォルトディズニーの『白雪姫』から80年、このアニメーションは…

<ネタバレ>『トゥモローランド』を楽しく観るふたつの要素とおまけ

注:加筆修正『トゥモローランド』はオールドディズニー感あふれる映画でした。 作品の根底にあるのは18世紀に興った百科全書派からの流れで誕生して20世紀中ごろで消えていった「みんなが、一人一人が向上心をおこたらずにいれば未来は明るい」というテ…

<ネタバレ>『チャッピー』のアレを検証する。

注:誤記を修正しました。『チャッピー』を観ました。ブロムカンプ監督らしい映画でした! 『チャッピー』のラストで大感動するか、大爆笑するか。こんなんで“アレ”をどうにかできるのか?という疑問をサラッと考えてみたい。(あのヘルメットが実在できるの…

ネタバレ有:『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』を楽しむふたつの要素とおまけ

遅ればせながら『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(以下、『イミテーション・ゲームと略)ついて書きます。(他に書くこともないので) 戦争は科学(原爆)技術(ゼロ戦)で語られる映画はあるけど『イミテーション・ゲーム』ではまさ…

ネタバレ有:『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の批評を櫛川鳩子風にいってみる。

『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』の批評を「あの人」風に書きました。 THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 : 作品情報 - 映画.com

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ