読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

<ネタバレ?>『猿の惑星 新世紀(ライジング)』を楽しく観る二つの要素

猿の惑星 新世紀(ライジング)』を観ました。


猿の惑星:新世紀(ライジング) : 作品情報 - 映画.com

思ったことを書いてみます。



 猿インフルエンザ

スペインかぜ - Wikipedia

インフルエンザ~病状と種類、予防まで~ - 今月の医療情報

猿からの感染症として知られているのはHIVウィルス(エイズウィルス)や今話題のエボラウィルス等々あるが、それらの致死性が高いウィルスは通常では接触感染などの “他のものが自己に進入する” 経路で伝播はインフルエンザよりも弱い。それに対してインフルエンザは発病は高いが、そこから致死にいたるものはみんなが考えているほど高くない。だから映画での猿インフルエンザのような強烈な致死性と空気感染による強力な伝播を併せもち、しかも人のみが感染して発病するウィルスは存在が難しい。単純に考えても宿主がすぐに無くなり伝播が途切れがちなウィルスなど考えにくいからだ。ウィルスもまた生き物なのだ。


〇 発電

宇宙・天文まめ知識 なぜ夏は夜が短く、冬は長いのか? - 理科ネットワーク

ライフライン - Wikipedia

電気はただ明かりを灯すだけではない。映画でも言われているようにコミニュケーションとしても使う。しかし、付け加えるなら電気は社会的な生活を営む人間とって重要なものだ。電気がなければ、人間の作業は明るいのに限定されてしまうから文化的、創造的な活動は大幅に制限される。つまり電気は文明をささえて発達させるのに重要なものだということだ。

しかも、電気がなければ例えば水道などをポンプなどで動かすことはできず、水くみなどは人がしなければならず、そのため人手が必要となる。それからみると人間の社会的な生活を変えなければいけなくなり、もしかしたら人間の必要な権利である自由や平等がなくなってしまう可能性が多いにあるのだ。


ところで人間たちの住むコロニーにある建築途中だったあのタワーはおそらく9.11で知られるWTCをイメージしたものだろう。



にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ