読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

『バトルシップ』放送記念。何故かみんなに愛された映画ベスト3

こんな記事をみつけました。
映画『バトルシップ』 結局何が言いたかったのか、この映画は俺らに何を伝えたかったんだ? - やらおん!

映画史では語る価値もない。どーでもいいが、何故か名前が残っているベスト3を思い出したので書いてみた。


①『青い体験』(1973)
青い体験 Blu-ray <無修正版>
 
いわゆる“体験もの”だが、今の若い者には「どこが、いーのか?」だろう。しかし、昔の若者(今、おじさん)はラウラ・アントネッリから放たれるフェロモンに文字どおり“やられた”のだ。これが日本のエロコメ文化(今、命名した)にあたえた影響は大きい。


②『超能力学園Z 』(1983)
超能力学園Z [DVD]

もしも、やりたいさかりの若者が不思議な力をもったら何をするか「こーだろ!」をみせた映画。いや、本当にそれだけ。これからすれば中二病はまだまだかわいい。内容よりも深夜ラジオのコサキンのネタでよく使われていたから知っている人も多いはず。(告白するとブログ主がそう)


③『コマンドー』(1985)
コマンドー [Blu-ray]

ネットで愛されているおなじみの映画。内容は「メイトリックスが迷彩仕様になった!ベネットがナイフを向けた!」というもの(他にどーいえと)「面白いの?」と聞かれれば「派手だよ」とこたえる(他に……)これが、あの『プレデター』シリーズの基盤になったと考えれば映画史的には価値があるのかも?(弱気)


何が言いたいのかといえば。

がんばれ!!『バトルシップ


[参照&広告リンク]
青い体験 Blu-ray <無修正版> [Blu-ray]
超能力学園Z [DVD] [DVD]
コマンドー [Blu-ray] [Blu-ray]



にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ