えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

<ネタバレ>『ラブライブ! The School Idol Movie』を淀川長治風に論評してみた。<全然なし>

注:『ラブライブ!The School Idol Movie』を『ラブライブ』として記します。[敬称略:加筆修正]


はい。今日紹介するのは2015年の作品『ラブライブ』です。日本のアニメーションです。ウォルトディズニーの『白雪姫』から80年、このアニメーションは賑やかで目まぐるしく動きます。お爺さんの私にはちょっと追いつくのが大変です。アニメーションはここまで来ました!

ところで、「ラブライブ」「スクールアイドル」聞き慣れない言葉です。はじ
めて聴きました。

実はこれ、実在しません。映画の中の架空のアイドルです。ちょっと驚きましたぁ。そのアイドル達、9人の女の子が歌い踊ります。これが、この映画の見所です。健康的なエロティシズム。それが、とてもキュート、キュート、キュートです!

キュートと言えば1954年、ジャン・ルノアール監督の『フレンチ・カンカン』あれもキュートでしたぁ。過去を振り切ってこれからのために踊るフランソワ―ズ・アルヌールが印象に残るとても見事な見事なオペレッタでした。

そうです! この『ラブライブ』は『フレンチ・カンカン』の流れを継ぐ作品です。スクリーンから溢れるエロティシズムとキュートな魅力を、みなさん思う存分に楽しんで下さい。

それでは今日はここまです。サイナラ、サイナラ、サイナラ!!


ファンムービーなので、一見さんお断りです。








にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ