えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

<『007 スペクター』>若人のための007講座「ボンド編」

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[加筆修正有]

『007 スペクター』に関係した思い出話をします。

 
12月に公開される『007 スペクター』

ダニエル・グレイグは六代目ジェームズ・ボンドなのだが、007はシリーズをとおしてボンド役を演じてきた俳優によってシリーズの “トーン” が微妙に違っている。それはその時代と共にボンド像が変化しているのもしめしている。

だから、それを中心にしてブログ主なりの各ボンドの特徴を書いてみようと思います。


ショーン・コネリー

 

 

一言でいうなら「女たらし
コネリーボンドは任務遂行&解決に美女を使う。今なら噴飯物の設定だが、これは当時の男性にとっては「あこがれ」の的で、それは漫画の『ゴルゴ13』『ルパン三世』『課長 島耕作』等の初期に影響をあたえている。要するに「大人の不良」というべきものなのだが、それを究極的に磨き上げたのがコネリーボンドの「魅力」でもある。60年代は世界をまたに駆けて美女といちゃつくダンディなヒーローが男性の「あこがれ」だったからだ。


ジョージ・レイゼンビー



一言でいうなら「死別
レイゼンビーボンドでは美女を翻弄していたコネリーボンドと対照的に一人の女性に恋をして引退もほのめかすが宿敵のプロフェルドに殺されてレイゼンピーボンドはボンド史上はじめて「悲しむ」のである。レイゼンビーはこれ一回だが、ファンには重要な作品であるらしい。ちなみにこれを観ておくと『ユア・アイズ・オンリー』 (1981) や『消されたライセンス』 (1989) が少しだけ楽しめる。


ロジャー・ムーア


一言いうなら「ユーモア
ムーアボンドは「大人の不良」から「誰でも楽しめる」ものとしてアクションと笑いが強化されてゆく。そのために徐々に荒唐無稽化してゆき、再びリアル路線に戻ったりしてムーアボンドはうつりゆく時代のトレンドや観客の好みに七転八倒する様が垣間見えるボンドでもある。それができたのもロジャー・ムーアの「癖の無さ」が功を奏して乗り切っただからだろう。


ティモシー・ダルトン

 



一言でいうなら「重厚
ダルトンボンドはボンド史でいちばん演技の上手いボンドだ。現実にそった「地に足のついたヒーロー」ができるとしてのダルトンだったし、実際に『消されたライセンス』のダルトンは良い演技をしていたが、ファンの「これはボンドじゃない!」と強烈に否定された。確かに「らしさ」が欠けていたが、当時からボンドのキャラは男性の「理想」を表現するには時代遅れになっていたのだ。「理想と現実」に翻弄されたのがダルトンボンドともいえる。


ピアース・ブロスナン

  

一言でいうなら「女性上位
ブロスナンボンドの時代は女性がアクションの主役をする作品があたりまえになってボンド映画にもその影響が現われている。『ワールド・イズ・ノット・イナフ』 (1999) だと主役はまるでボンドガール。主役も悪役も霞んでみえるというヘンな作品だ。それでもブロスナンはファンが思っているボンドが「現在で活躍するのならどうなるか?」をみせてくれたことによって昔ながらのファンに新たなファンを増やしたのは過小評価すべきではないだろう。


さて、ここまできてダニエル・グレイグのボンドはどうなっているのか?実はこのボンドは見事なまでにダブルスタンダードなボンドなのだ。


ダニエル・グレイグ



ルックが公開されたときファンから「これじゃない!」といわれたグレイヴボンドは『カジノ・ロワイアル』 (2006) が劇場公開されたらファンに認められた。甘いマスクではなくグレイグボンドは表向きは強面で非情にみえる。それと反対にストーリーは「苦悩」するボンドだ。簡単にいうと「男のツンデレ」である。その性格の甘さが従来のファンの「理想」に繋がっており、そしてブロスナンボンドから目立ち始めた女性ファンがその甘さに「酔しれる」二重の構造になり新規のファンを増やす状況につながっている。


単純な男性の「あこがれ」から女性に「愛される」に変化したのが現在のボンド像なのだ。


最後に自分は『007 スペクター』が楽しみなのだが、今のうちに宣言しておこう

あいつの頭がフサフサだったら今回は観なかったことにします!


[広告]
    


 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ