えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

<ネタバレ>『ted2』を楽しく観る二つの要素

今さらながら『ted2』について書きます。

 

テッド2 : 作品情報 - 映画.com

相変わらず小ネタが満載の『ted2』
ここではパンフレットに書かれていた二つ小ネタに注釈を加えて書いてみたいと思います。







  ジュラシック・パークのテーマ

医療大麻 - Wikipedia 
カンナビノイド - Wikipedia 

あきらかに世代間ギャップがあるテッドとジョンとサマンサ --ここはギャグにもなっている-- が打ち解けるきっかけが、なんと大麻だという、大麻は医療でも所持は違反になっている日本人がみたらドン引きな描写がある。ちなみにテッド達が吸引している大麻は向精神を高めるカンナビノイドの成分を化学合成した医療大麻と認識されているもの、つまり本物ではない --アメリカでは今も連邦法では違反だが黙認されているためか州によっては州法で医療大麻の吸引はできるところがある-- だからニューヨークへ向かうさいにテッド達が見た大麻草の群生は本物の大麻を見て感動していることになる。簡単にいうとカニカマばかり食べている人たちが本物の蟹の大群を見て大感動しているギャグになる。


エンタープライズ

宇宙大作戦 - Wikipedia 

クライマックスで落下する宇宙船からテッドをかばってかわりにジョンが重症になるが、落下する宇宙船はスタートレックでおなじみのエンタープライズ号である。ある意味第1作の裏返しな展開だが、これは地球人であるカークとヴァルカン人であるスポックである人種間を超えた友情にかけたギャグだとも思える。特に映画シリーズだとカークとスポックは互いのために地位や命も捨てようと行動するからだ。とにもかくにも、あとに二人に感動したミーガンが弁護をかってでるのだからギャグでも重要な布石になっている。


ちなみに……

コミコンでガイがコスプレしていたキャラは『The Tick』

 

どみてもギャグヒーローキャラです。コミコン会場でコスレイヤーをど突きまわしていたのはどうやらキャラになりきりらしい。


ちなみにその二……

みんなこの映画のせいで『フラッシュゴードン』がイロモノ映画になっているなっているけど……事実そうだけど、あの映画で使われたスクリーンの大画面で合成の劣化がほとんどないビデオオプチカルプリンターは後のデジタル技術の基礎として重要だから、あれがなければ『ジュラシック・パーク』や『アバター』がなかったかもしれないのだぞ!




にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ