読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

日本が海外にマル投げしても世界標準にはなりません。の駄文

話題 駄文
[敬称略]

こんな記事をみつけました。

金さえあれば日本はハリウッド並みの映画撮れるのだろうか? - 映画.net

実はそんな事はすでに日本映画もやってはいます。それについて書いてみたいと思います。




 

ベルサイユのばら - Wikipedia 

制作に名がある山本又一郎はあの『太陽を盗んだ男』 (1979) の製作者でもある。その彼が大ヒットマンガの『ベルサイユのばら』を本場のパリで本場のスタッフで撮れば良い。と考えたのまではよかったが、マンガや舞台ならともかく映画で男装の麗人をリアリティに撮るのは相当に工夫しなければならないはずで、案の定リアリティがないものになっています。せめてミュージカルにすれば「それなり」に観れたはず。なにせ監督は『シェルブールの雨傘』 (1963) のジャック・ドゥミなのだから。

  

クライシス2050 - Wikipedia 

あのNHKが出資して作られたSF大作。SFXはリチャード・エドランド。デザインはシド・ミード。ちなみに制作に名が入っている川田武はSF雑誌、SFマガジンの新人賞に入選したSF作家でもある。だから、おそらく原案はこの人が中心だろう。ちなみにノベライズもかいています。だけど、ブログ主は未読です。内容はSFサスペンスなのだが、ちっともサスペンスになっていない。のが致命的な映画でもある。


ちなみに日本映画が世界標準になれない訳ではない。というよりも、いわゆるJホラーは現在の世界標準になっている。『女優霊』 (1995)からはじまって『ザ・リング』 (2002) 『THE JUON/呪怨』 (2004)までの過程がアメリカに世界中に新たなホラーの類型を定着させた。

ようするに世界に通用するには「豪華」ではなく「工夫」だという、ものすごく当たり前の結論なのである。




 
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ