えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

シネフィルのための『ウルヴァリン:SAMURAI』講座

[敬称略][脱字修正有]

  

ウルヴァリン:SAMURAI : 作品情報 - 映画.com
 
こんな記事をみつけました。

映画「ウルヴァリンSAMURAI」ってどう思う? - 映画.net

正直にいえば観終わったときの感想が「ヘンな映画」だった。日本がヘンな描写だったからヘンなのではなく、どことなくヘンなのだ。 

だけど、監督がジェームズ・マンゴールドと知って納得した。

ジェームズ・マンゴールド - Wikipedia 

 あれはわざとだと。

 

 
つまり……

:原爆のシーンは黒沢明 風に。
:矢志田の屋敷のシーンは溝口健治 風に。
:葬式のアクションは深作欣二 風に。
:真理子とのシーンは小津安二郎 風に。
:信玄との戦いのシーンは小林正樹 風に。


等々、日本映画のコラージュで構成されているところだ。おそらく自分が気がついていない&知らない監督の作風も織り込まれているのだろう。

映画監督ジェームズ・マンゴールド。腐らずにそれなりに楽しんでいる。と感じてちょっと安心した感を覚えていました。

次作はもっと自由に撮れる良いね。 



 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ