えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

懐かしの『トットチャンネル』の思い出ばなし

[敬称略]

21世紀ももうすぐ20年目に入ろうとしている。
ここでは20世紀に公開された名作ではないけど個人的に心に残っている映画についての思い出を書きます。


トットチャンネル』について書きます。


トットチャンネル : 作品情報 - 映画.com 



背景
TVドラマ『スケバン刑事』の初代麻宮サキ連続テレビ小説はね駒』で人気を得たアイドル斉藤由貴が映画監督大森一樹と組んでヒットした『恋する女たち』(原作は当時の少女小説の人気作家の氷室冴子)の次の作品で、当時のベストセラーである黒柳徹子著『トットチャンネル』の映画化である。


思い出話
ブログ主の目的は同時上映(当時は二本立て興行が基本)の少年隊主演のSF映画『19 ナインティーン』を目的に観にいったのだが、目的の映画は「ビデオウォークマン」が印象に残っているぐらいで出来は平凡。今回の『トットチャンネル』の印象はテレビ放送草創期を背景に前半はコメディタッチで後半はほろ苦いペーソスで展開している。時代のせいかゴジラの着ぐるみ(ただし当時のではない)がテーマソングと一緒にちょこっと出て、このあと大森一樹監督は『ゴジラVSビオランテ』を撮り平成ゴジラシリーズの前半を支えるのである。

ちなみに映画はそれなりに楽しめる。

中で『雨に唄えば』をオマージュするシーンがあるが、今を思えばあれは、ひとつの時代の「しあわせの終焉」を描いていたのだと感慨するのでした。

[追記]
自分の声を録音して聞いてみて下さい。凹みますよ。


 
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ