読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

<ネタバレ>『追憶の森』脳内ポイズンベリー風レヴュー

劇場公開 映画評
ここでは題名を恣意的に表記します。[敬称略]

 
追憶の森 : 作品情報 - 映画.com 

今回のキーワード --  ある映画に似ている --


  「さあ巷の評判とは裏腹にけっこう楽しんで観てしまったわけだが」
「そうだね」
「そんなにヒドイのか、これ?」
「まぁ自分等の心が思っていた以上に病んでいたのだよ」
「いきなり結論キターッ!」
「それにいくらウリがスピリチュアルといっても『レヴェナント』と違ってそれらを集約させたアイコンみたいのがないとからみ辛いのも確かだと思う」
それらしい “フリ” はけっこうしているけどね。蟻、蜻蛉、風、水、火、土そして花など
「花はピンクと白の蘭の花みたいだったな。つまり「愛」を意味していたりするかも」 
「それじゃ、やっぱりアイコンが無いと面白味がわかない訳か」 
「あとは『もののけ姫』みたいにキャラ化しないとエンタメとしては成立しずらいところもあるな。唯一のキャラ化されたのはどうみてもむさいオッサンだし
「KEN WATANABEをそう言うか!でも、まぁ、「衝撃」というのもとは違うし、やっぱり病んでいるのかな?」
「別の考え方もあるよ」
「へっ?」
「たぶんある映画を観ていため無意識でそれに当てはめて観てしまったのかもしれない」
「ある映画って……「もしかしてソ連ことソビエト社会主義共和国連邦でスピリチュアルな映画を撮りたいけどそんな事が許可されるはずもないからどうしよう?そうだSFにしよう。SFなら文句はいわれないぞ、ちょうどここにそれに近いスタニフラス・レムのSF小説『ソラリス』があるからそれをつかってSF映画のフリをしたスピリュチアル映画を撮ろう!」それで撮った『惑星ソラリス』って映画のこと?」
「……ボケ担当はオレだったはずなのだが?」
「ほっといてくれ!」
「しかし、いったとおりイメージを連想させるところはある。主人公は科学者、妻の死、そしてあのラストシーン」
「水辺に建っている一軒家なんかはもろにタルコスキーの『惑星ソラリス』とカブっているし、間違いなく意識している」
 「そうするとスピリュチアルをキーにして樹海をソラリスの海に見立ててシナリオを組み立てた可能性があるって事か。「画として」のイメージが「生きている海」を連想させるために「海にみえる森」を合わせたと。ん?でも、このシナリオっていわゆるブラックリスト(製作予定のない優良脚本)からの映画化だろ。そうしたら?」
まぁ監督も病んでいたんだよ
「落ちがとてもサビシー!! 」



 
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ