えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

『インデペンデンス・デイ リサージェンス』の元ネタ(?)を書いてゆくだけの話

ここでは題名を恣意的に表記します。[加筆修正有][敬称略]

インデペンデンス・デイ リサージェンス』を観ました。
 
インデペンデンス・デイ リサージェンス : 作品情報 - 映画.com 

それは僕たちの夢がつまった映画!

はっきりいってシリーズ化ミエミエの凡作。なのだが、この映画は何故か嫌いになれない。ここではその理由を思い出話と共にツラツラと書くことにします。

 〇 月面基地と地球防衛システム
これは『謎の円盤 UFO』のSHADO(シャドウ)の防衛網だ。
  

地球防衛軍」なんて発想は昭和で無くなってそれこそ子供向けヒーローでしか存在をゆるされないところまできていたのに、ここでまさかの大復活。びっくりだよ!


エイリアンの攻撃方法
これは映画『宇宙大戦争』の冷却砲による重力制御による攻撃だ。
  
この映画の公開までに超伝導の概念が知られていて「冷却がスゴイ」みたいな考えが、敵宇宙人の重力制御の攻撃方法に採用されたのだと考えているが、『リサージェンス』でまさかの復活!ただし、見せ方が『2012』とたいして変わらないのが難点といえば難点。


警告するエイリアン
これは『幻魔大戦』だろう。なにしろ巨大で強大なエイリアンと戦って「負けてきた」ところとか。

丸っこいところなんか『スフィア』とかも思い出したけど。あの感覚はなんだが映画のベガを思い出しちゃうかも。それにラストの「幻魔は去った」みたいなマル投げ感もそっくりだ。


あと破壊された円盤から巨大なエイリアン(クイーン)が現れたりするのは『ウルトラセブン』のお約束だし。子供が乗ったバスを追いかけてエリア51を攻撃したりのなんかモロに『マジンガーZ』などからのお約束だ。


これぞローランド・エメリッヒ。新しいところがまったく無い!

「だが、そこがよい!」






 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ