えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

2018年俺的な映画ベスト10以外の作品をチョイスしてからの今年の総括

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20181011110305j:plain

 

年末なので2018年度の映画ベスト10を。

 

 

今回も上記のベスト10から補足する形で11位から20位までと、それにご贔屓枠、そして珍品枠を加えて21作品を発表します。ちなみに順位にガルパンはない。自分はニワカガルパンおじさんなので、最終章総集編もキッチリと観たが、それとは関係は無しにベスト組むときの記事は表にアニメを貼るというマイルールを敷いている結果だ。

 

〇 11位から20位まで

本心を言うと1位から5位までは楽に決まったが、6位から10位まではいまだに迷い中のため入れ替わる可能性も考えて20位までの枠を設けてみた。

 

11位:万引き家族

是枝監督は巨匠になったなぁ、で。

eizatuki.hatenablog.com

 

12位:ニンジャバットマン

いやー、とっても楽しかったので、その一。

eizatuki.hatenablog.com

 

13位:スカイスクレイパー

いやー、とっても楽しかったので、その二.

eizatuki.hatenablog.com

 

14位:スリー・ビルボード

神がいない時代の宗教映画だったので。

eizatuki.hatenablog.com

 

15位:ペンタゴン・ペーパーズ

スピルバーグ監督の巧さを再確認したので。

eizatuki.hatenablog.com

 

16位:オンリー・ザ・ブレイブ

今年、一番にこんな死に方をしたくないので。

eizatuki.hatenablog.com

 

17位:デス・ウィッシュ

ロス監督の本質が分かったので。

eizatuki.hatenablog.com

 

18位:さよならの朝に約束の花をかざろう

FTらしいFTだし、お母さん視点で。

eizatuki.hatenablog.com

 

19位:ちはやふる ーー結びーー

追っかけて観てきたし、お父さん視点で。

eizatuki.hatenablog.com

 

20位:シュガー・ラッシュ オンライン

HEAVYだが、お父さん&友人&恋人視点で。

eizatuki.hatenablog.com

 

 

 

〇 ご贔屓枠(順不同)

ご贔屓枠とは文字通り自分だけのツボに効いた映画だ。だ・か・ら、作品全体の出来とか他の評価なんて一切聞かないし考慮もしない!「自分だけが気持ちいい」と感じた10作品がコレだ。

 

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

冒頭からの数分間の演出は流石ベッソンって感じ。

eizatuki.hatenablog.com

 

ランペイジ 巨獣大乱闘

ロック様の俺様映画なのだが、これシリーズで超観たい!

eizatuki.hatenablog.com

 

OVER DRIVE

日本のWRCへの夢を見させてくれてありがとう!

eizatuki.hatenablog.com

 

クワイエット・プレイス

懐かしSF風だったので、怖いよりもほっこりとしました。

eizatuki.hatenablog.com

 

未来のミライ

もっと露骨に子供自慢してくれたら、最高!だったのに。

eizatuki.hatenablog.com

 

コンフィデンシャル/ 共助

トイレットペーパーと紙コップは凶器!という気づきを与えてくれた。

eizatuki.hatenablog.com

 

ジュラシック・ワールド 炎の王国

原作越えはキングの『ミスト』以来。

eizatuki.hatenablog.com

 

ホース・ソルジャー

だって、多連装ロケット砲BM-21が活躍する映画なんてこれ以外にないんだもの。

eizatuki.hatenablog.com

 

マジンガーZ / INFINITY

だって、巨大ロボットが大好きなんだもの。

eizatuki.hatenablog.com

 

 

〇 珍品枠

「どう見たって失敗作だろ!」だが、どうしても気になって捨てられない映画の枠だ。偏愛枠ともいえる。ここは、もしかしたらここは追加されるかもしれません。

 

ラプラスの魔女

実はあのラスト、量子論不確定性原理が覆されない限り、大丈夫なんだけどね。
eizatuki.hatenablog.com

 

 

2018年総括

今年上映館で観たのは94作品。まあネットでは話題のマーベルやDCもリズと青い鳥カメラを止めるな!を入れないのは自分らしいしから良いとして、劇場で観なかった理由でマザー!アナイアレイション -全滅領域-をベストに入れなかったのは悩むところだ。大作でもないがアイディア勝負の小規模予算でもない中規模の映画は、今やネットフリックスなどの配信サービスの独壇場になりつつある現状では無視もできない。みんなが絶賛するROMA/ローマも確かに傑作なので、配信も含めて書こうかな、と思いつつもズルズルと先延ばしだし。コレ以外にもけっこうあって、何というか、モチベーションというか、とっかかりというか、「これだけ絶賛しているから、書かなくてもいかな」な的な億劫な気持ち働いて書いていなのがそのままだし……。

 

それと今年は評判が高いのにもかかわらず、寝落ちしてしまったのもあるし。

 

SF映画ブログなのにRAW 少女のめざめとかジュピターズ・ムーンなど、観ていないのも結構あるし、テルマが観れなかったのがツライ。過去作もやっぱり億劫で書かなかったし。

 

来年はもっとラフに書こう。愚痴も書こう。という総括になりました。

 

 

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

バーフバリ2 王の凱旋 [Blu-ray]

 

  

スカイライン-奪還- [Blu-ray]

スカイライン-奪還- [Blu-ray]

 

  

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ