えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

『オーヴァーロード』ネタバレスレスレでのアレな感想だねー!

お題「最近見た映画」

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20190513161101j:plain

 

www.imdb.com

 

第2次世界大戦下の1944年6月。ノルマンディー上陸作戦が開始される直後、作戦の成功を担う重要な使命を帯びた空挺部隊が激しい空襲の中ナチス占領下のフランスに舞い降りた、部隊の仲間はほとんどが死亡して生き残ったのは新兵のエドとフォード伍長を含めて5名のみ。彼らはナチスに恨みを持つ女性クロエの家に隠れ任務遂行の準備をしていたが、ここは占領していただけではなくナチスの「千年王国」実現のためのある実験が行われていた村でもあった。

 

こんにちわー。いまから『オーヴァーロード』の感想を書くよー。

 

いきなりぶちゃけトークするとね、これを制作したJ・J・エイブラムスって人、実はドジっ娘属性じゃないかと思ってるんだ。例えば、普通に食べれるオリジナル料理なのに、最後にいつもいつもいつもいらないものを足してくるからねー。「あー、ごめん、ごめん、味が薄かった?」とかいってタバスコを入れてくるようなドジっ娘ぶりなんだからー。

 

それでもね『10 クローバーフィールド・レーン』はまだ少なかったから苦笑いでなんとかやり過ごしたけども、さすがに『クローバーフィールド・パラドックス』でドバドバと入れてくると胸ぐら掴んで「おい、ナメとんのかゴラァ!」 な気分になったよー。だから、もう J・J はオリジナルには手を出さずに雇われ監督としてがんばってほしいーなーとも思うんだ。

 

しかし、今回はオリジナルなんだー。しかも、戦争アクション映画。だから「新兵が実戦を通して一人前なってゆく」とか、「死線をくぐり抜けてきた屈強な古参兵」とか、「部隊を助ける村の娘」とか、「一見とっつきにくい兵士と地元の子供との交流」とか、戦争映画のお約束がたくさんあるし、後、やっぱり銃撃シーンはコマ落としだし、ラストは「戦いはまだ続く」終わりだし、ナチは当然に悪党あつかいなんだー。

 

しかも、戦争映画らしく『戦争のはらわた』のシュタイナーを思わせる悪役がいたりするんだー。さすがに〇〇〇を噛み千切るシーンとかはないけどねー。あと、なぜだか「今度は戦争だ (This time it's war.)」繋がりで『エイリアン2』ぽいのもあるんだー。何かが袋詰めにされてたりー、「殺して……」なんてセリフもあったりしてねー。だから、新鮮味は足りないけど、そのままでもチョイと小気味の良い戦争アクション映画に仕上がると思うんだー。

 

でも、そんな J・J が性懲りもなくまたまた妙なものをつけてきたよ……

……アレを

 

大体ねー、原題の "Overlord" って史上最大の作戦といわれたノルマンディー上陸作戦後、ナチスからパリを開放するオーヴァーロード作戦からとっているのはミエミエだしねー。だから、ふつうに戦争映画をやればいいのになーとか思っちゃうわけ。ところが足してきたのよ……アレを

 

ところが、今回は意外と相性が良かったよー、アレと。

 

どうやら、今回のアレはタバスコじゃなくてカレーだったみたい。カレー味なら何でも合うからね。戦争とアレでも。だから面白かったよー!

 

でもねー、数日後たって、ふいに思ったのー。「どうやら今回にアレを使ったのかって」そうしたら、もしかして J・J あれをやりかったんじゃないんかって……

 

f:id:ko_iti301083:20190518050937j:plain

 

平野耕太のマンガHELLSINGを。

 

HELLSING』はねー、雑に説明するとねー、反キリスト教の化物を狩っている秘密機関のことでねー、プロテスタント側なんだけど、カソリックにも同じ機関があるんだよー。もちろんマンガの話なんだよー。

 

その両機関に敵対するのが吸血鬼を軍団にしたミレニアム(千年王国)って機関なんだー。実はこれはねー、ヒトラーが下した命令「総統特秘666号」を遂行すべく結成されたモノなんだー。つまり元はナチスなんだー。

 

この原案と脚本(マーク・L・スミス共同)はビリー・レイって人なんだけれどねー。監督作は『ニュースの天才』とか『消されたヘッドライン』とかシリアスな題材で撮っている人なんだけれどねー、やっぱり「霞(シリアス)だけじゃ食ってけねぇ!」と売れる企画として出したところをJ・J の目に留まってんだとおもうんだー。そこで……

 

J・J 「この企画で、俺の『HELLSING』ができるんじゃん!」

 

とか、考えて実現化へGO! したと思うんだー。なにしろ『HELLSING』はアメリカでも翻訳が出版されているようだしー、J・J は親日家だしー、日本文化やポップカルチャーにも造詣が深いらしいみだいだしねー。『HELLSING』は基礎教養として知っていて当然だと思うんだー。そう思っちゃうのさー。

 

もちろん吸血鬼とアレは違うのはわかるよー。でもねー、根本はおなじ千年王国だからいいのさー。

 

でも、さすがに監督のジュリアス・エイバリーには、そんなことまで考えてないと思うんだー。なにしろ真面目にアレと戦争を演出しているんだからー。

 

つまりねー、制作(J・J )と脚本(ビリー)と監督(ジュリアス)の違う思惑が、奇跡的に上手くいったのが、この映画だと思うのさー。出るのはアレだけどねー

 


OVERLORD (2018)- Official Trailer - Paramount Pictures

 

 

戦争のはらわた [Blu-ray]
 

  

  

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ