えいざつき ~映画ポエマーの戯言~

批評というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして妄想が暴走してポエムになります。

ランボーラスト・ブラッド

お題「最近見た映画」

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20200630014450j:plain

 

www.imdb.com

  

今日のポエム

戦うことでしか生きられない男の悲しみ。

  

映画とはポエムです!ポエムとは映画でもあります。それでは大いにポエムちゃいましょう!

 

そして、今回は

ランボー ラスト・ブラッド

そして、今回のキーワードは。

 ランボーカムバック!

 今回はちょこちょことネタバレがあります。

 

ランボー ラスト・ブラッド』は、人を殺し続けた男の諦念を描いたドラマだった。早い話が、名作西部劇と呼ばれている1953年『シェーン』のドラマなのだ。

 

『シェーン』は定住をしようと開墾する農民と昔から住んでいる牧畜業者が争う土地にふらりとやって来た優男が実はかなりの凄腕のガンマンだった。という物語で、ドラマからみれば、人を殺し続けて血が心身までに沁み込んだ人殺しの男が過去を捨てて真っ当な人生を送ろうとするが、それはかなわず男は再び殺人者に戻り殺戮する。『シェーン』とはそんなドラマだ。

 

アメリカ本国での『シェーン』のドラマは他の作り手たちには魅力的にみえるらしく様々なかたちで使われてきた。目立つところでは自作に繁盛に『シェーン』を引用したクリント・イーストウッド監督作や『マグニフィセント・セブン』で西部劇を撮ったアントーワン・フークア監督の『イコライザー』などにその影響がみえる。

 

f:id:ko_iti301083:20200630143754j:plain

『シェーン』、『許されざる者』、『イコライザー

そして、今作の『ラスト・』にも『シェーン』のドラマが使われているのだ。ものすごくザックリとしたまとめをするなら、一度、人を殺した者はどうしたって元には戻らない。だ。

今作でいえば、家には住まずに地下のトンネルで生活をし、薬(精神安定剤)を飲み、ある出来事がきっかけで「クズになった奴はどうやっても一生クズ」と言い放つランボーに、ある人物が「叔父さんは違う」と答えるが、それに対しての返事が「蓋をしているだけだ」とのやりとりから、ランボーはクズ野郎だ。と映画からメッセージを送っているのであり、そして、とどのつまりここのキモは、蓋を壊された男から溢れ出る殺戮という洗礼を、その蓋を壊した奴らが味わうドラマなのだ。

 

そうゆう意味では、今作はランボーの中に淀んでいる「闇」を大きくクローズアップして描いているところがあり、そこから1940年代から50年代までに作られた犯罪映画群フィルム・ノワールの影響も色濃く感じるのだが、それは『シェーン』が以前の西部劇にフィルム・ノワールの要素を足したつくりからくるところかも -- 直観として感じているだけで論理的整合性はない -- しれない、そこからの新鮮さで今でも語り継がれる名作として成立しているところがあるから。

 

さらに『ラスト・』が、『シェーン』のドラマなのはラストシーンでランボーが腹を撃たれてロッキングチェアに座ってエンドロールへと向かうのだが、そのエンドロールでは、前のショットとうって変わって馬に乗って颯爽と去ってゆくランボーの姿が描かれるという矛盾したシーン繋ぎなっているのだ。これは、映画ファンから今でも話しに上がる『シェーン』のラストシーン解釈「シェーンは死んだのか?生きているのか?」論争を知った上での、あの矛盾したシーン繋ぎなのだ。もうハッキリいって今度は『シェーン』だ。

 

だから、スタローンがランボーを終わらせようとしているのは良くわかった。少なくとも自分はそう解釈した。

 

ちなみに、ランボーシリーズでは、もはやお約束と化した感はあるが、今までどおりに、いわゆる切り株描写が満載な -- それと、やはり物語がありきたりと判断されているらしい -- ために一般の高い評価とは反対に批評家のは芳しくない。

 

だが、それは間違いだ!(断言!)

 

この映画はワンカットだけ凄まじいのがあって、それは、ランボーの哀しみと怒りが見事!に表れていて、かつ、殺した相手に組織のトップが怒りを煽られ、そうでなくても、徹底的に面子を潰されたが為に、どうしても報復しなければ、どうにもならない状況までもっていっているのだから。こんなカット滅多にないよ!

 

正直パソコンの壁紙にしたいよ。スマホの待ち受け画面にしたら、さすがに他人に「どうかしている」と思われるから、やらないけどな!(その画面を察しろ)

 

こんな素晴らしいカットがあるのに、ただの残酷として評価してしまうなんてアチラの批評家なんて大したことはないな!

 

劇場で鑑賞。

 


Rambo: Last Blood (2019 Movie) New Trailer— Sylvester Stallone

 

 

Rambo: Last Blood (Original Motion Picture Soundtrack)

Rambo: Last Blood (Original Motion Picture Soundtrack)

  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

  

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ