えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

『GODZILLA 怪獣惑星』は『魔法少女まどか☆マギカ』になるか予想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][修正有]

 

ポスター画像

 

ここでは『GODZILLA 怪獣惑星』の感想ではなく後二作ある、このシリーズの終わり方を予想してみたいと思います。何故ならこれがそのままこの映画の脚本を書いた虚淵玄(うろぶち げん)の特徴を書くことに繋がるからです。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

 

ここからはネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『マイティ・ソー バトルロイヤル』における愛しのロキ様

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


「マイティ・ソー バトルロイヤル」日本版本予告

marvel.disney.co.jp

 

面白かったし、最高だし、傑作!ってことでいいじゃないか。マイティ・ソー バトルロイヤル』。なので、今回は蛇足の気持ちで書きます。

 

笑った、笑った『ソー3』。しかし、ドラマはドがつくくらいのシリアスだ。流れは英雄談によくある「王の帰還」だし、背景にあるのは「国とは何か?王とは何か?」だ。

 

そして、今回の敵でありソーの姉でもあるヘラが暴くのは偉大なる父オーディンの意外な過去とアスガルド建立の真実。ギャグが無ければこれはマーベルでもルッソ兄弟と同じ路線でもある。

 

しかしルッソ兄弟と違って『ソー3』では、ちゃんと「希望」も描いているところ。それを担っているのが、あのロキ様なのだ。

f:id:ko_iti301083:20171115115811j:plain

マイティ・ソー バトルロイヤル』予告より。

 

ここでは、この部分で感じた自分の考えを書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

 

ここからはネタバレに なります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『ラスト レピシ ~麒麟の舌の記憶~』の簡単で辛辣な感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

     ポスター画像

 

フィクションでお馴染みの手法であるマクガフィンといった概念は乱暴にいえば、主人公がある事柄に入ってゆく動機づけであり、その道具はなんだっていい。

 

言語学でいうイディオムは違う意味を繋いで別の意味を作り出す。熟語や慣用句がそれにあたる。

 

ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜はマンガザ・シェフ』のような主人公が『ザ・シェフ』のエピソードのような体験する感動的な映画……と言いたいけれども、自分は白けてしまった。ちなみに原作があるが、そちらは読んでいない。

 

ここではその感情を書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

続きを読む

『シンクロナイズドモンスター』はウルトラマンが出ないウルトラ怪獣かも

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 

シンクロナイズドモンスター予告

 twitter.com

 

 

シンクロナイズドモンスター』。ダメウーマンである主人公グロリアの再起を怪獣を使って描いたコメディだとは予想してはいたけど。それよりも重いモノをモチーフに出してきた。そして男にはとてもエグイ展開になる。 

f:id:ko_iti301083:20171105143448j:plain

シンクロナイズドモンスター』予告より

ここでは、この映画の登場人物の一人、幼馴染のオスカーを焦点にして自分の考え(妄想)を書いてみたいと思います。

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

ここからはネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『ブレードランナー 2049』の 歪で優しい「愛(AI)」

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正訂正有]

 


映画『ブレードランナー 2049』予告

www.bladerunner2049.jp

 

 

こちらの続きになります。

eizatuki.hatenablog.com

 

ブレードランナ』(以降、『ブレラン』と表記)の続編『ブレードランナー 2049』(以降、『2049』と表記)は切ない!につきる。

 

傑作!と断言できないのは。『ブレラン』で描かれたレプリカントの設定が『2049』では変更されているのだが、それが分かりずらいところ。だからレプリカントが反乱できない設定なのは冒頭の説明 ₋₋それと目の前で仲間が殺されているにも関わらず、ただ涙を流すラヴの描写で₋₋で何となく分かるのだが、やはりピンとこないから。一応それを前日談として説明している動画はある。↓ 


【『ブレードランナー 2049』の前日譚】「2036:ネクサス・ドーン」

 

しかし、こうゆうことは映画の中で描くべきであって上の動画を観ていない者にはただノイズにしかならない。前出した仲間の死を見ながら抵抗もできずに立っているラヴが他のシーンでは平然とレプリカントを倒しているし。Kの上司であるマム(ジョシ警部補)が事態の深刻さを憂いているのは滑稽にしか見えない。

 

そしてレプリカント設定の変更にともない『2049』は『ブレラン』と違って世界観が変わっている。簡単にいうと人間が極端に少なくなっている。この映画で活動するのはほとんどがレプリカントであって人間の影が薄い。もしかしたら人間として出演しているのはウォレスとガフしかいないのではないのか?この妙な世界観は、おそらくレプリカント古代ローマの奴隷のような設定にしてあるのからだろうが、これがまたピンとこない。原作の『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の世界に近いといえばそうなのだけれども。

 

それでは「凡作?駄作?失敗作?」といえばそうでもない。これは『ブレラン』に感動したドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の強烈な「返歌(かえしうた)」ではないのか?そう、自分が感じるのは『デンジャラス・デイズ』でリドニー・スコット監督がストリーボードに描いたが結局は使わなかったオープニングが『2049』で使われているからだ。

 

そして、それはSFのテーマというよりも人にとって究極のテーマでもあり、あの『フランケンシュタイン』から、テレビアニメ『Re:CREATORS』までに連なるテーマを描いているから。「愛されたい」と。

 

f:id:ko_iti301083:20171028213420j:plain

Re:CREATORSレクリエイターズ)』より

 

何故なら、愛されていないことは孤独に苛まれることであり、愛される。ということは自分がこの世に確かに存在した証明でもあるのだ        

 

 

今回はそれを踏まえて自分の考えを書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

ここからはネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『ブレードランナー』の魅力とは一言でいえば〇〇〇〇〇〇!である

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


Blade Runner (1982) Official Trailer - Ridley Scott, Harrison Ford Movi

www.imdb.com

 

ここでは『ブレードランナー 2049』を観る前に自分の気持ちをある映画と『ブレードランナー』のメイキングドキュメンタリーである『デンジャラス・デイズ・メイキング・オブ・ブレードランナー』を使って書いておきたいと思います。

 

 

リドニー・スコット監督『ブレードランナー』を評価したのは興行でも批評でもなく、この映画に魅入られた人々だ。彼等は『ブレラン』の世界を自分のモノにしようとそれこそ「俺のブレラン。私のブレラン」をカルチャーとして生み出してきた。誰もが指摘するとおりサイバーパンクも『ブレラン』が無かったら成立しなかったかもしれない。

 

しかしドラマから見れば『ブレラン』はよくある設定の寄せ集めでもある。ドラマは『フランケンシュタインから続くものだしビジョアルの原点はフリッツ・ラング監督『メトロポリス』であるのは誰もが指摘するところでもある。

 

さらにドキュメンタリーである『デンジャラス・デイズ』を観ているかぎりスコット監督はこの映画を完全にデレクト(監督)し切れてはいない。やや迷走気味でもある。

 

なのにも関わらず。自分を含めてこの映画に魅入られているのは何故なのか?

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

続きを読む

『宇宙戦争』と大阪のアレについての駄文……それは『ゴジラの逆襲』ではないのか?の話

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

ラジオ番組『ライムスター宇多丸のウィークエンドシャフル』通称タマフルで「スピルバーグ総選挙」がおこなわれるのを知りました。

www.tbsradio.jp 

 

それで発作的に思い出したのはスピルバーグ監督『宇宙戦争』。


War Of The Worlds (2005) - Trailer

 

あの『宇宙戦争』で話題(日本で)なったのは、あの無敵のトライポッドを「大阪では倒したらしい」という噂の解釈をネットでは様々な説がでていたので、自分は「映画としてはこうだろ」を思い出したから。そのリンク ↓ 

eizatuki.hatenablog.com

 

同じ主張は作家の山本弘もしていました。そのリンク ↓ 

shimirubon.jp

 

しかし、どうして東京などではなく大阪なのかが分かりませんでした。『火垂るの墓』なのかとも思ったのだけれども、これは舞台が神戸なので大阪とは関係なさそうだし。

 

それが、さっきのスピルバーグ総選挙で、ふいにスピルバーグ監督がゴジラファンでもあることを思い出して、 --なにしろ『宇宙戦争』ではトライポッドが丘からひょっこりと現れるシーンが『ゴジラ』が初登場したシーンに連想をさせたり、『ジュラシック・パーク』のティラノザウルスの登場シーンが見事なゴジラのリスペクトになっていたところからも分かるので。-- 「ああ、そうゆうことか『ゴジラの逆襲と納得したので、発作的にその考え(妄想)を書いてみたいと思います。

 

 

ここからは『宇宙戦争』と『ゴジラの逆襲』を観ていない方にはおススメできません。

続きを読む
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ