えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

『猿の惑星:聖戦記』の「新しさ」について

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』予告編

www.foxmovies.jp

 

 

人類は見事なまでに衰退しました!三部作最後を重厚感で締めた『猿の惑星: 聖戦記』の感想はこんな感じだ。正直、ヒューマン(人間)とエイプ(類人猿)との確執と抗争を描いてきた、この三部作の落としどころはやっぱり「人類との共存」だと思い込んでいたから、オリジナルの『猿の惑星』にあったある設定を使って、ここまでキッチリと堕ちてゆく描写すると清々しさえ思える。

 

そして、オリジナルをリスペクト --例えば、海岸を馬で行くシーザー達の姿がオリジナルでの主人公テイラーが受けたあの衝撃的なラストを連想させる。-- を色々としている。

 

正直、『新世紀』までの猿インフルエンザで人口が激減した設定は猿側には都合がよすぎる設定だ。猿にも何かが及ぶはずだ。と考えていたので、『聖戦記』での実験ではなく感染でそうなったバッド・エイプを見て「ちゃんと考えていたのに疑ってごめんなさい」な気持ちもある。そしてバッド・エイプで描写したウィルス変異の描写がそのまま人間の少女ノバの秘密にもつながっている上手さもある。

 

そして正面きっての戦争ではなく、一見本筋から離れた復讐劇にみえるこのドラマが、実は人類衰退の描写を上手く描いている。「ナルホド、そりゃ滅びの道をゆくわ」な感情が湧く。

 

それと、役者の演技を忠実に再現できるモーションキャプチャーとリアルなCGIの映像技術がひと昔なら思いもつかなかったドラマを展開している。それがまた衰退の描写と結びついている。

 

ここではそれを踏まえて、どうして自分が人間は滅んでゆくかと思ったのかを書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

 

ここからはネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

 

続きを読む

『エルネスト』で描写されたゲバラの「新しい人間」についてのネタバレスレスレの感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


阪本順治監督×オダギリジョー/映画『エルネスト』特報

www.ernesto.jp

 

自分が良く使う言い回しで「観る人を選ぶ」があるが、これは見かけとは違ってテーマがズレているいるにも関わらず、それを(作中で強引にでも)修正せずにそのまま描写してしまう唐突感がある作品に使っている。最近だと『エイリアン: コヴェナント』がそれに当る。

 

ちなみに自分は「何々の知識があったら、もっと(その映画)楽しめた」にもそんなに気にするな。みたいな言い回しもする。何故なら観ている者にそんな気持ちにさせる映画はすでに、あなたの心を捉えているから。だ。その映画に感動した証拠だ。乱暴な言い方になるが『ちはやふる』を観て競技かるたや百人一首に興味が湧いても『バットマン vs スーパーマン』を観てDCコミックスに興味は湧かないのと同じだ。

 

本題に戻ると。それでは、逆に多くの人がよく知らない、分からない情報や概念を直接は説明しないで感じさせるにはどう工夫したら良いのか?その二つを『エルネスト』では名前なら聞き覚えのあるがピンとこないキューバ(ラテン・アメリカ)現代史とチェ・ゲバラの思想を日本のある場所と主役を演じる俳優を絡めて使って描いている。

 


【新しい人間】チェ・ゲバラ 名言集【思想編】

 

それで、この映画で描かれる大国に翻弄された小国とそこに生きていた青年のドラマに感情移入の幅が出来上がった。

 

不勉強ながらフレディ前村の事はこの映画ではじめて知ったし原作は読んだことはない自分がここではそれをネタバレギリギリで感想を書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。 eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

続きを読む

『ドリーム』において自分のような凡人はどう観るか問題について。そしてちょっとだけ愚痴

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][誤字修正有]

 


映画『ドリーム』予告A

www.foxmovies-jp.com

 

 

とても良かった!ドリーム』の感想がコレ。アフリカ系アメリカ人女性の地位向上をテーマに描かれた内容も教条に陥らずユーモラス --しかし批判は辛辣-- で軽やかだ。明快な科学賛歌がアメリカならではのところもある。

 

それに宇宙開発史を裏から見る楽しみもある。『イミテーション・ゲーム』に連なる数学映画の側面もある、だってFORTRAN言語やオイラー法が出てくるんだから。とにかく感情移入の幅が広い。エンタメとしても理想的だ。

 

そして、この映画、原作を読んでいるとかなり脚色がされていて史実よりかといえば映画『ライトスタッフ』の裏話的な側面でのマーキュリー計画が強調されているのも個人的には嬉しい。

 

簡単にいうと、みんな観なさい!だ。

 

f:id:ko_iti301083:20171004144506j:plain

『ドリーム』IBM予告より

それを支えるのは宗教や慣習とは別の価値観である科学(技術)なのだが、今回はそれについて自分がこの映画で感じたことを書いてみます。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

 

ここから先はネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『エイリアン コヴェナント』感想:そして、どうして私は目が点になったのか?

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][誤字修正有]

 


映画『エイリアン:コヴェナント』予告D

www.foxmovies-jp.com

 

目が点!エイリアン  コヴェナント』の感想はこれにつきる。確かに見所らしいのはあるのだが、それが一部のファンにしか通用しなので、いわゆるブロックバスターを楽しみたい人には不向きな映画だ。これアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』と同じタイプだ。大衆向けというよりはインテリ向けだ。せめて『LOGAN ローガン』みたいにきれいにエンタメに落としこんでいればこんな感想も沸かないのだけれども……

 

これから、この映画について批判の方向で書くが、その際にヒントになったのが脚本で参加しているジョン・ローガンが演劇として書いた台本がレオポルドとローブの事件を題材にしていること。少なくともあのキスの意味がこれで分かる。

 

それと次の記事。人によってはグロテスクしか感じられないので。注意が必要。

stevenspielberg.hatenablog.com

 

この記事の内容と同監督作品『ハンニバル』を思い出してもらえば、この監督の「美」がどこを向いているのかが簡単に想像できる。なにしろ、このシリーズの最大の功績者であるH・R・ギーガーのデザインをスタジオに強く推したのはこの監督だから。

 

ここではそれを踏まえて自分がこの映画に感じた不満を書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

 

ここから先はネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『散歩する侵略者』はSF! コメディ! そしてやっぱり黒沢清監督作品!!

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開 

sanpo-movie.jp 

 

熱心な黒沢清監督のファンではないので断言は避けるが『散歩する侵略者』の観易さは監督の作品歴でも上位に入るのでは?第一印象はそんな感じだ。

 

そして、映画では侵略者が人間に成りすまして日常に溶け込んでいるのだが、成りすまし侵略モノの魅力「静かに犯されてゆく日常」の魅力と『散歩する侵略者』はちょっと違う。 -- 確かに影の使い方などにドン・シーゲル監督『ボディ・スナッチャー/恐怖の』の影響があるけども、それは今や黒沢監督のスタイルといってもよいものだ。 -- 今作はどちらかといえばこの宇宙人は探査体(プロープ)に近い。または侵略のための偵察といったところか。早い話テレビドラマ『新スタートレック 』の敵役だったボーグだ。「個は全体。全体は個」を連想させる意味でだ。彼等は肉体の「概念」が無い。

 

f:id:ko_iti301083:20170914023804j:plain

新スタートレック ファーストコンタクト』予告より

 

それが何となく分かるのは。冒頭の惨劇が、中盤で救出される恒松祐里が演じる立花あきらから聞かされるところだ。それが存在しないからこその興味であり、惨劇だ。

 

そして、イメージした概念を(結果として)盗む宇宙人のあるパターン演出から、この一見ユーモラスで最後がウエットなSF映画が実は監督がもつドス黒さもちゃんと表現している。やはりこれは黒沢清監督作品なのだ。

 

ここでは、そのパターン演出に着目して自分がこの映画に感じたドス黒さを書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

ここから先はネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『ダンケルク』のおかしさ。そして美しさ

ここでは題名と名称を恣意的を表記します。[敬称略]

 


『ダンケルク(原題)』予告

wwws.warnerbros.co.jp

 

傑作!と、もろ手をあげて賞賛できないのが『ダンケルク』のツライところ。いや、観終わったあとの満足度は確かに悪くない。しかし、どこか違和感がぬぐえない。群集劇という主人公がいないドラマなのは理解している。だから、誰かに感情移入して観るものではないことも分かっている。これに不満なのはどうかしているとは思うのだが、数時間考えての結論が「これはSFではない」という決着に。今までの監督の作品はどちらかといえば「日常と非日常のゆらぎ」を主に描いていたので気がつかなかったものが戦争という実在した題材を取り上げることでノーラン監督の本質が明確に浮かび上がってきたことへのとまどいというべきか。

 

これから、この映画について思ったことを書くが、その際にヒントにしたこの記事。

www.club-typhoon.com 

cinema.ne.jp 

 

ここから分かるのは映画は舞台だけではなく時間軸を浜辺のトミー(一週間)、海のドーソン(一日)、空のフェリア(一時間)の三つに分けたこと。そのために通常のドラマの感動とは違う感触が最後に湧き上がるので、自分と同じとまどいを感じた人もいるはずだ。

 

それは映画でトミーが「どこで用を足したか問題」にも繋がっている。 

 

そして同時に、どうしてフィルム撮影とIMAXの上映にこだわったノーラン監督の意図も見えてくる。

 

今回はこの映画の批判をひとつ書いたあとに、自分が感じたノーラン監督の本質を書いてみたいと思います。

 

 

ここから先はネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『新感染 ファイナル・エクスプレス』で気がついたこと

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


「新感染 ファイナル・エクスプレス」予告編

shin-kansen.com

 

傑作なんだからみんな観ろ!! (断定)

 

新感染 ファイナル・エクスプレス』。この映画の画期的なところは、本来なら「混ぜたら危険」なゾンビ(血みどろ)と人情(泣き)を融合させたところだ。通常のゾンビ物だとテレビシリーズの『ウォーキング・デッド』から連想されるように、人々が狂気に落ちてゆく様がドライまたはシニカルなドラマとして展開されるが『新感染』はやはりそこも描きつつも「人の繋がりは大事」というウエットの方向にもっていったところだ。まさに泣けるゾンビ映画だ。これに近い感触はテレビアニメの『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』や『がっこうぐらし!』だろうが、この二作と違うのは学生と違って主役が父親というところで感情移入の幅を広げたところ。早い話、よくある仕事一筋の家庭を省みない身勝手な男が何かがきっかけで今までの自分を振り返り新たな自分に生まれ変わる話だが、通常だとその何かは「自身の病気」だったり「誰かが亡くなったり」だが、ここでは「ゾンビに襲われる」の違いしかない。

 

批判しているんじゃないよ。傑作だっていっているんだよ!(大事なことなので二回書きました)

  

そして、韓国の社会状況に疎い自分でも列車という舞台をつかって、いわゆるそこに住む人々の確執を織り交ぜてドラマをつくっているのが分かる。そして、それとは別に、そこにあることに気がついたので、どうしてラストはああなのかを織り交ぜながら自分が感じたことをここに書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

 

ここから先はネタバレになります。観ていないかたにはおススメできません。

続きを読む
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ