えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

『のみとり侍』のネタバレスレスレの簡単な感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20180525021831j:plain

 

nomitori.jp

 

 小松重男の短編小説集『蚤とり侍』の挿話を基に映画化。エリート藩士・小林寛之進はひょんなことから藩主の機嫌を損ねてしまい猫のノミとりを命じられてしまう。憤りながらも実直な寛之進はその稼業につくが、実はノミとりは表向きの仕事で本来は女性と床で愛と情をお届けする裏があった。稼業を始めたその日に亡くなった女房に瓜二つのおみねと床を一緒にするが、事を終えたおみねから「下手糞」と厳しい言葉を浴びせられる。気落ちした寛之進だったが、偶々に助けた清兵衛がその手の手練に長けた者だと知って実直な寛之進はその教えを乞うことに……。

 

続きを読む

『GODZILLA 決戦機動増殖都市』ネタバレ無しの雑感

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20180518132221j:plain

 

godzilla-anime.com

 

初のアニメ映画として制作されたゴジラ映画三部作の二作目。前回GODZILLAによって地球を去った人類は二万年後に再び地球へと帰還しGODZILLAに戦いを挑むが、圧倒的なそのパワーに敗北する。絶望に打ちひしがれるハルオ達(人類・ビルサルド人・エクシフ人)はそこで人類の生き残りと遭遇した。自らを「フツワ」と呼んでいる彼らは、この過酷な世界でハルオ達が想像もできないGODZILLAとは違う存在と彼らが使う武器で生存し続けていたのだ。ビルサルド人はその武器がかつてGODZILLAと対抗するために作られた兵器の一部であることを確信して、ある提案をするのだが。

 

続きを読む

『ランペイジ 巨獣大乱闘』の微ネタバレ込みの感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20180518132225j:plain

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

1986年アーケードゲーム「RAMPAGE」を基に映画化。野生動物保護区に勤める人嫌いのデイビスとゴリラのジョージは種を超えた絆があった。ところがある企業による宇宙での違法遺伝子操作実験が失敗しアメリカ大陸に飛散したサンプルのひとつにジョージが接触。通常では考えられなれないほど巨大化・凶暴化してゆく。別の場所ではオオカミとワニも同じ現象に陥っていた。三匹は軍の攻撃もびくともせず大都会を破壊し続けるが、はたしてデイビスジョージを助けることができるのか?

 

続きを読む

『かぐや姫の物語』の簡単な雑感

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

f:id:ko_iti301083:20180518132228j:plain

www.ghibli.jp

日本最古の物語といわれる「竹取物語」を題材にしたアニメーション映画。山奥で竹を切って暮らす翁と媼がいた。ある日翁は光る竹の中に赤ん坊を見つけ育てることになる。捨丸などの地元の子から「タケノコ」と言われた女の子は美しく成長し翁は赤ん坊を見つけた竹から豪華な品々で娘に相応しい貴公子と添わせるために都へと移り住むが。

続きを読む
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ