読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

『メッセージ』は、どれだけ『あなたの人生の物語』になったのか?

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


映画『メッセージ』本予告編 

 

プリズナーズ』『複製された男』『ボーダーライン』の作品からシリアスなイメージをもっていたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のばかうけ発言で自分のだけの好感度が爆上がりの監督の新作『メッセージ』。観終わった後には自分の思い出がよぎって不覚にも泣きそうになった。もっともそれ以前に泣いたのは『ローグ・ワン』だし、その前は『スター・トレック BEYOND』で泣きそうになったので、いわゆる「お里が知れる」訳なのだが(苦笑)……

 

原作はテッド・チャンのSF短編『あなたの人生の物語』なのだが、コアなSFファン向けの原作に対して『メッセージ』には小説のアイディアが変更されており、異なるアプローチがされている。なのにそのテイストは『あなたの人生の物語』であり『メッセージ』だ。ここでは自分のSF的解釈をひとつだけ書いて。あとは映画にそった解説をして。題名どおりこのメッセージが何なのかを自分なりに締めたいと思います。

 

 

原作『あなたの人生の物語』のSF解説ここ。

前野[いろもの物理学者]昌弘:SF短編書評 

 

映画『メッセージ』のSF解説はここ。

「【至急】エイリアンの宇宙船ってどうやって動くんですか?」映画『メッセージ』スティーブン・ウルフラムのSF考証裏話 - 100光年ダイアリー 

 

 

ここから先はネタバレになります。観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー :リミックス』におけるオッサンホイホイのポイント

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


アイツらが帰ってきた!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』予告編 

 

マーベルの新喜劇(笑って笑って最後に泣ける)枠の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は前作よりもより楽しくなっている。メンバーはよりおバカに、ドラマは「昭和かー!」と、言いたくなるほどに泥臭い。しかもキーマンはテッテッテケ-のあの男(声:ささきいさお)だ。

 

そして、前作よりも全体のビジュアルイメージがハデになっていて自分としては色々なモノを思い出してしまたったことをここに書いてみます。 

 

 

ここからはネタバレになります。映画を観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『無限の住人』にちょっと足りないもの

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


映画『無限の住人』本予告【HD】2017年4月29日公開 

 

「“ぶった斬り” エンタティメント」で宣伝している『無限の住人』は時代劇というよりも日本映画草創期のチャンバラに近い印象。「一人の男を大人数で斬ったり斬られたの様を見て楽しむ」感覚。ぶっちゃけ『雄呂血』のイメージだ。

 

そして原作を挫折した自分の印象は「普通に面白い」。だから、グロイ表現が無ければOKなのだけれども、「イマイチ」の声もあるので、それに対する自分なりの考えを書いていきたいと思います。

 

だから、今回は重箱の隅をつつくモノになりますのでお許しください。

続きを読む

『グレートウォール』を『初恋のきた道』で語ってみる。という暴挙をあえてやってみました

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


『グレートウォール』 "伝説の怪物が、ついに襲来" 本編映像  

 

『グレートウォール』、マット・デイモン主演だから万里の長城モノとはいってもPROMISE 無極』のような中華ファンタジーだと予想していたのだが、まさかの『仮面の忍者 赤影』系の大怪獣映画でした!

 

バトルシップ枠!」とか「中華版スターシップ・トゥルーパーズ!」とか公開後すてにトンデモ超大作に認定されつつある『グレートウォール』の監督はあのチャン・イーモウ。らしくない!と言いたくなるくらいに、この映画ではハリウッド大作映画の展開や演出が表に出て監督本来の雰囲気は見当たらない。

 

それでも「残り香」のようなものはある。色使いや音の使い方などは監督の持ち味が微かにあるし何より今度の怪獣がイーモウ監督らしさを残している。

 

ここでは同じイーモウ監督の『初恋のきた道』を使ってその部分を書いてみたいと思います。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com 

 

ここからはネタバレになります。映画を観ていない方にはおススメできません。

続きを読む

『ゴースト・イン・ザ・シェル』と『GHOST IN THE SHELL』が語る「幽霊」

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 


『ゴースト・イン・ザ・シェル』 | ファースト・トレーラー 

 

『ゴースト・イン・ザ・シェル』。クライマックスにアレCGIを見せてくれれただけでも自分としては充分に満足はできたし、物語は『攻殻機動隊』入門といったつくりになっていて面白いので、どうこう言うつもりも無かったが制作会社に中国の会社が関わっているのをきっかけに、昔『GHOST IN THE SHELL』を観た後に感じたことを思い出したので、今回はそれに『ゴースト・イン・ザ・シェル』の部分をちょっと足して駄文を書いてみたいと……

 

これからは『ゴースト・イン・ザ・シェル』を『ゴースト』と記して、『GHOST IN THE SHELL』を『GHOST』として記します。

 

簡単にいうと『ゴースト』と『GHOST』で描かれる幽霊の違いと、本質としては共通しているのではないのか?のところの部分で自分が考えている(いたこと)ことを書いてみたいと考えます。そして今回は『GHOST』に幾分か冷たい書き方をします。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com 

 

続きを読む

『SING/シング』で、神の息吹きを食らいやがれ!!

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


映画『SING/シング』 吹替版特別予告編 

 

『シング』は見た目にとは裏腹に渋い映画ではないのかと個人としてはそう思っている。いわゆる「市井モノ」だからかもしれないけども。

 

この映画ではダメキャラに夢見がちで現実を見ないコアラのバスタームーンとバツキャラに歌が上手いがゆえに自信過剰なネズミのマイクが出てくるが、その二人が感動するのはあるキャラの歌声。そしてご都合主義ととられかねないラストも含めて、今回はそこに着目して自分の考えを書いてみたい。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com 

続きを読む

だから、はじめてスーパーヒーロー着地をしたのはヒーローじゃないんだよ! …… それから

 ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][誤字訂正有]

 


『ゴースト・イン・ザ・シェル』 本予告 

 

 映画『デッドプール』で知られるようになったスーパーヒーロー着地、または三点着地の基本の型はデップーが言うように「膝に悪い」から高い所から着地時に片手と片膝と片足を地面に付ける着地。それがスーパーヒーロー着地になる。 

 

ちなみにマーベルのアベンジャーズチームでスーパーヒーロー着地のポーズを最初にしたのはアイアンマン2スカーレット・ヨハンソンが演じるブラック・ウィドウがやっている。ただ着地ではなくポーズだけ。

 

もっともポーズだけなら『ターミネーター』で若きシュワルツネッガーはやってはいるから探せばもっと出てくるかもしれない。

 

今回は色々調べてみましたが、結局は誰が最初にスーパーヒーロー着地をしたのかは分かりませんでした。という個人的なボヤキを書きます。そうです、ヨハンソンと『ゴースト・イン・ザ・シェル』との絡みそうなので書きました。すいません。

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com 

続きを読む
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ