えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

ネタバレ無し感想:『今夜、ロマンス劇場で』はまるでジャック・フィニイの『ゲイルズバーグの春を愛す』だ。

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20180215210217p:plain

 

wwws.warnerbros.co.jp

 

ある病院にいる。尋ねてくるのは孫だけの孤独な老人。そこを担当している看護士がある日、その老人がかつて映画のために書いていた脚本を見つけて内容を聞かせてくださいと頼む。快く承知した老人が訥々と語る物語は、かつて映画がまだ盛んだった頃。撮影所で監督を目指す青年助監督が、大好きで観続けていた映画から飛び出してきたモノクロのお姫様との切ない恋物語だった。

 

続きを読む

バレンタイン突発企画(冗談):3本の映画から見る好きな女性の心の射止め方!

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

ポスター画像

www.anime-chu-2.com

 

2月14日はバレンタインデー!、そこで今回は突発的に「3本の映画から見る女性の心の射止め方」を書いてみたいと思います。

 

ちなみに扉に使った『映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me』の原点である中二病でも恋がしたい!のヒロイン小鳥遊六花をある苦しみから救ったのは、主人公 富樫勇太の中二病だ。つまり、「中二病が取り持つ縁」であり「中二病で彼女をゲット」した訳だ。(多少、吹いてます)

 

〇 何が何でもチキンブリトーを手に入れろ!

by 『バトルシップ

 

バトルシップ

 

主人公がヒロインを口説き落とすため、ヒロインが食べたがっているチキンブリトーを手に入れるため閉店したコンビニ店内に侵入。ミッションインポッシブルなタイムリミットは5分。マジで泥棒だが、盗むのはお金ではなくてチキンブリトー!それでも当然、警察のお世話になるが、この騒動でヒロインは何故か主人公の惚の字で恋人に。後に親父の大好物だと分かるが、そこは「将を射んとする者はまず馬を射よ」の精神だ!

 

 

〇 好きな彼女を見つけたら、入れ墨を入れろ!

by 『バーフバリ 伝説誕生

 

f:id:ko_iti301083:20180214060018p:plain

 

親孝行な主人公。母親の願掛けを楽にするために村のご神体を滝にまで運んでいったが、そのためにご神体が大喜び、主人公の理想の女性で滝を上らせて引き合わせるという親切さ。理想の女性に出会った主人公は感激のあまり彼女にこっそり入れ墨を入れてしまうしまつ。しかも2回も!ハッキリ言って犯罪だが、なんやかんやで彼女は主人公に惚の字に。惚れた弱みで彼女の仕事の「王妃の救出」もお手伝い。結果として王国も救う結末に、もしかしたらご神体の意図は別にあったのかもしれないが気にするな!

 

 

〇 好きな彼女の愛犬を食べろ!

by 『少林寺

 

f:id:ko_iti301083:20180214130918p:plain

 

 少林寺拳法を修行中の主人公と仲間たち。修行中だから当然お腹は減るよね。だからタマタマ通り過ぎた野良犬を仲間と一緒に食べちゃうのは当然だよね。なのにその犬が恩師の娘の愛犬だったから、さあ大変。と思いきや。本心から「美味かった」と率直な感想を言ったら娘は「まぁ」と何故かデレる。「どうして?」とは聞くな、「考えるな、感じろ」それが恋だ!なんやかんやで娘は主人公に惚の字に。だけども、主人公はまだ修行の身。悪漢達から少林寺を守っても、まだ恩師への道は遠い。恋は御法度なのだ!

 

 

最後に、この記事の目的を、田中芳樹銀河英雄伝説のからの台詞で〆ます。

 

「無論、ジョークだよ」 チュン・ウー・チェン

 

 

 

  

バトルシップ [Blu-ray]

バトルシップ [Blu-ray]

 

  

バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray]

バーフバリ 伝説誕生 [Blu-ray]

 

  

  

銀河英雄伝説〈7〉怒涛篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈7〉怒涛篇 (創元SF文庫)

 

 

『コンフィデンシャル/共助』のネタバレスレスレの短い感想

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

f:id:ko_iti301083:20180213122051p:plain

 

kyojo-movie.jp

 

アメリカの偽ドル札の銅板を持って脱北した北朝鮮の警察官のチャ・ギソン。事態を重く見た上層部は彼の元部下であり、裏切りにあって仲間を殺されたイム・チョルリョンをソウルに派遣。銅板の事を韓国側に伏せたままの南北初の極秘共助捜査が始まった。その相手をするのが、何故か最近は運が無いカン・ジンテ刑事。監視の指令込みの任務に嫌々ながらもチョルリョンと共に捜査をするが、やがて二人の間には国を超えた絆が芽生えてゆく。

 

続きを読む

『マンハント』のネタバレ無しの感想。では無く、ただの雑感

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略][誤字修正]

 

f:id:ko_iti301083:20180212025416p:plain

 

gaga.ne.jp

 

1976年に高倉健主演で映画化され中国の公開でもヒットした西村寿行の小説『君よ憤怒の河を渉れ』のリメイク。天神製薬の顧問弁護士を務めるドゥ・チウはパーティーの翌朝、ベッドの傍らに死体となっている社長秘書の田中希子に驚愕する。彼女の死に大きな陰謀が絡んでいると知ったドゥ・チウはその場から逃亡。無実の罪で追われる身となった。彼を追うのは敏腕の刑事である矢村聡。そして矢村はドゥ・チウを追っているうちに彼が無実である事を確信してゆく。

 

続きを読む
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ