読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

『ハドソン川の奇跡』公開で『フライト』を思い出したので紹介します

話題 メディア
ここでは題名を恣意的に表記します[敬称略]

もうすぐ『ハドソン川の奇跡』が公開されます。
 
ハドソン川の奇跡 : 作品情報 - 映画.com 


それで思い出した映画『フライト』を紹介したいと思います。

フライト : 作品情報 - 映画.com 

ざっくりいうと「スタビライザー(水平尾翼:飛行機の後ろにある小さな翼のようなモノ)が突然、操作不能になり急降下する旅客機を背面飛行で安定させて緊急着陸する機長にある疑惑がかかる。ストーリーです。

しかし、今回は題名とは裏腹に紹介ではなく、この映画を観るための「心構え」についてになります。

つまり……


  パニック映画ではありません。
サスペンスでもスリラーでもありません。
愛と感動もしません。
もちろん実話でもありません。


アル中の機長が飲酒での有罪を避けるために断酒をしょうとするけど、できませんでした!

映画であります。 

「そんな映画のどこがいーのか!?」しかし「それがいいんです」

例えるなら「ダイエットしょうにもできない」とか「禁煙しようとしてもできない」人々の “言い訳” で作られた映画であります。

そしてその “言い訳” が最後の公聴会で尽きてしまう映画でもあります。

特に公聴会前夜のホテルの美しい一夜がダメ人間のダメ振りを美しさを映し出して最高です。 “言い訳” を一遍の誌で語ったような美しさでもあります。「何かよく分かる」感覚です。

『フライト』はそんな映画でもあります。


『フライト』はAmazonプライムビデオ。Netflixで観れます。




 
にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ