読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

ネタバレ有?:映画『聲の形』は『ガルパン』に似ているんじゃないか?説

劇場公開 脚本

ここでは題名を恣意的に表記します。[敬称略][加筆修正有]

 

原作は未読なので映画『聲の形』についてのみを書きます。

  

映画『聲の形』 本予告 

eiga.com 

 

「丁重に作られた映画」または、個人的な感想として「普通に面白い」なのだが、この映画を観てあるテレビアニメを思い出した……『ガールズ&パンツァー』愛称『ガルパン』である。まぁ、脚本が両作と同じ吉田玲子なので当たり前といったら当たり前なのだが……

 


「ガールズ&パンツァー」番宣CM [Girls and Panzer] 

GIRLS und PANZER(ガールズ&パンツァー) : 作品情報 - アニメハック 

 

ちなみに自分は『ガルパン』については劇場版からテレビアニメ、OVAに入ったいわばニワカガルパンおじさんなのでその事は了承していただきたい。

 

そして今回の『ガルパン』は劇場版ではなくてテレビアニメの方。それではまず唐突にドラマとは何か……

 

 

 ……ドラマとは葛藤を描く事。そして葛藤とは「心に存在する相反する何かが衝突する」 そして今回の目的は葛藤について。

 

余談にドラマとは「葛藤を最も論理から遠いところで終わらせる事。そして受け手がそれに触れている間はそれを悟られない事」だ。

 

葛藤に戻ると主要人物が葛藤があるにしても劇中で「私は現在こうゆう心境で、相反する二つの感情が戦っている」とかやりだしたら観客はドン引きをするのは分かりきった事だからそれを何かで肩代わりするモノが必要になる。こういったのは大体が脇役が担う、ここでは便宜的に「葛藤の代役」と呼んで進める。

 

例として「葛藤の代役」で誰もが知っているキャラといえば、吉川英治著『宮本武蔵』の本位田又八(ほんいでんまたはち)だろう。彼は武蔵が選択しなかった「そうなっていたのかもしれない」人生のお手本であり、対照的に描かれているからこそ武蔵がドラマチックに感じる仕掛けになっているからだ。

 

ガルパン』の主人公である西住みほの葛藤は何か?「自分の判断は正しかったのか?」これは簡単にいうと「今まで習っていた事と違った行為をした戸惑い」だろう。

 

そして『ガルパン』にはもう一人葛藤しているキャラがいる。「どうして自分と一緒に戦車道をしてくれなかったのか?」と苛立っている姉の西住まほがそう。

 

ガルパン』はその二人の葛藤のぶつかりをクライマックスのアクションで描写している。だからこそ理屈ではなく感情であの流れは納得できるシーンになっている。

 

西住みほの「葛藤の代役」は誰か?みほが「あのとき」の事を責められたとき真っ先に弁護したチームメイトの秋山優花理。彼女がみほの「葛藤の代役」。

 

西住まほの「葛藤の代役」は簡単に分かるだろう。再開したみほに最初に嫌味をいう逸見エリカがまほの「葛藤の代役」。

 

みほの代わりに優花里が、まほの代わりにエリカが「代弁」することで『ガルパン』では二つの葛藤がぶつかり合っている。だから、黒森峰高との決勝戦でみほがかつて助けた仲間と話している姿を見つめているのは優花里とエリカになっている。みほとまほの葛藤という感情の波が収まって平均になったシーンでもある。

 

f:id:ko_iti301083:20161016163157p:plain

ガールズ&パンツァーより

 

やっと本題。答えから先に書くと 映画『聲の形』での西宮硝子の「葛藤の代役」は西宮結絃。そして石田将也の「葛藤の代役」は植野直花。この二人だ。

 

映画『聲の形』ではまず結絃が硝子の「葛藤の代役」で心の壁となって将也と対峙して、花火の後は将也の「葛藤の代役」である直花が心の闇になって硝子が対峙する構成になっている。そうしたのはおそらく観ている者に感情を誘導しない「両者の対話を感じさせる」ための配慮だろう。そこが『ガルパン』とは違う。この映画はそれほどドラマチックではないからだ。そしてドラマチックにしてしまうと空々しさが強くなってしまう可能性があると考えてだろう。

 

だから、映画『聲の形』はオーソドックスな映画だ。感想が「普通に面白い」なのはそうゆう訳です。

 

 

小説 映画 聲の形(下): KC DX

小説 映画 聲の形(下): KC DX

 

 

余談:テレビアニメ『ハイスクール・フリート』でも『ガルパン』と同じ事をやっている。吉田玲子の特徴なのかも。 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ