読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

『忠臣蔵外伝 四谷怪談』の思い出

メディア 思い出話

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 


忠臣蔵外伝 四谷怪談(予告) 

 

12月14日は忠臣蔵討ち入りの日なので突発的に書きます。

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com 

 

公開時に『四十七人の刺客』があるので、便乗とも思われがちだが、れっきとした松竹誕生100周年記念作品であり、そして……

四谷怪談の主人公である伊右衛門が死んでハッピーエンドの映画でもある。

 

 

 何故ならこの映画での忠臣蔵の解釈は「世間が討ち入りを煽って、世間が四十七士を歴史に残る英雄」になっているから。

 

つまり、映画を観ている観客を批判している娯楽作になっている。

 

こんな展開になっているのはテレビのワイドショーに一喜一憂する視聴者を批判する内容になっているからだ。これを題材にした映画『コミック雑誌なんかいらない!』もあったりもする。「テレビが放送するものは大衆が求めているから」の理屈でもある。

 

そして、ソーシャルメディアが誕生しない時代の映画でもある。

 

主人公の伊右衛門は世間の辛さ冷たさを経験しているからこそ、お岩を棄てお梅達を殺し浪士達を裏切る。それにも関わらず死後の世界は彼にはとても暖かい、生きているよりも。

 

いい締めの言葉が浮かばないので終わります。

 

 

忠臣蔵外伝 四谷怪談
 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ