えいざつき ~映画と世情と日常と~

何かの感想というよりも、それで思い出した事を書きます。映画、SFが多めです。そして、たまに妄想が暴走します。

『鋼の錬金術師』の簡単で優しい批判

ここでは題名と名称を恣意的に表記します。[敬称略]

 

ポスター画像

wwws.warnerbros.co.jp

 

鋼の錬金術師』は架空の世界を舞台にした冒険活劇だ。主人公のエドエドワード)はその世界でいうところの科学らしい錬金術を使って、子供のころあることをして肉体を失ってしまった弟のアル(アルフォンス)のために、それが取り戻せる賢者の石を探しているうちに、それを巡る陰謀と謎に周りの仲間と共に巻き込まれてゆく話だ。

 

 最初に断っておくと、自分は原作もアニメも途中で挫折しているし記憶も曖昧だ。だから拙い映画を観てきた記憶と薄いSFファン知識として書くと、この映画には「異世界を見ている」感覚がない。さらに卑俗にいうと「異国情緒(イコクジョウチョ)」が無い。感じられない。

 

もう少し付け加えると、これは「自分達が日頃している習慣(しゅうかん)慣習(かんしゅう)を違う視点から見る」感覚だ。SF映画2001年宇宙の旅』も『スター・ウォーズ』も『ブレードランナー』もそれに新しさが、「あった、感じられた」、からこそSF映画の名作として名が残っている。といってもよい。『鋼の錬金術師』はそれが無い、感じられない。それだけなのだ。

 

実は、それだけが欠点で、あとはすべて真っ当な出来だ。ドラマは今年公開された『ラストレシピ』よりも優れているし、VFX技術も白けるところはない。

 

それにハリウッドだって、それが必ずしも上手くゆくとは限らない。これも今年だと『ゴースト・イン・ザ・シェル』もそれが物足りない映画でもあった。

 

 いわゆる「世界観が感じられない」はこの足りなさからくる。原作の忠実な再現もいいが、大切なことはエドとアルと周りの人々が「この世界でどうゆう様に生きている」のかを観客に感じさせなければ、予算をいくら使っても無駄になるということだ。

 

 


映画『鋼の錬金術師』本予告【HD】2017年12月1日公開

 

 

こちらもお願いします。

eizatuki.hatenablog.com

eizatuki.hatenablog.com

 

 

 

君のそばにいるよ

君のそばにいるよ

 

   

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ