読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えいざつき ~映画と世情と日常と~

主に映画の思い出について書きますが。基本は自分の思った事をつまり妄言を書きます。

『ソードアート・オンライン』の主人公キリトはどうして素敵なのかをオジサンに向けて書く

劇場公開 駄文 メディア

ここでは題名と名称を恣意的に表記します[敬称略]

 

 

【特報第2弾】劇場版ソードアートオンラインオーディナル・スケール 

 

最初にお断りしておくと『SAO』はテレビアニメだけで原作は読んだことがない、いわゆるニワカである。これを踏まえて、あえて『劇場版SAO』と『SAO』について自分が感じている魅力を書きます。

 

『劇場版SAO』は今までのVR(仮想現実)ではなくAR(拡張現実)を題材にすることで日常を非日常として表現してなどの工夫をしてファンだけではなく一見さんにもそれなりに楽しめる工夫をしている印象だ。少なくとも何かのRPGゲームをやった人にはそれなりに楽しめそうではある。

 

そしてファンにとってこのアイディアは『SAO』の原点を思い起こさせる仕掛けにもなっている。

 

そしてそれは自分が『SAO』シリーズに感じている魅力でもある。

『SAO』シリーズの本質が任侠モノである。という事がである。

 

 

こちらもお願いします。

 

私の世界の法則をも超えるものを見る事ができた。

                 テレビアニメ『ソード・アートオンライン』14話より

 

 

 キリトはあのSAO事件の勇者であり生き残りだ。必然的に拾ったのは事件で生還できなかった4000人の「想い」でもある。これは『SAO』での重要な要素になっていた。

 

ユニークなのはキリトはSAO事件にあったのにもかかわらず、この事件の首謀者である茅場晶彦に憎しみを抱いていない。それどころか事件で亡くなったディアべルやサチなどの「想い」を一人で背負い込んでいるところだ。本来なら茅場のせいにしてもよいはずなのに。もちろんキリトがそうゆう思考をするのは彼がヘビーゲーマーだからなのだが、その思考は明らかに義侠心に通している。

 

ここでの義侠心とは特定の階層のみが通じ合うルールであり道徳だ。いわゆる人道主義誕生以前から存在したモノでもある。ヤクザ映画ではお馴染みのモノでもある。

 

もちろんここでいう義侠心はヤクザ的なそれではなく、ネトゲとSAO内のトリセツからの導きだされた狭いモノだ。ゲーマーでしか通じ得ない「何か」でもある。そしてここのでの悪役はゲーマーの義侠心をもっていない者がその役を担っている。意外にもまたは当然ともいえるが、キリトが倒すのはそんな奴らだ。

 

そしてSAO事件の首謀者である茅場晶彦もゲーマーである。そしてキリトは彼に何故か義侠を感じて憎めないのかもしれない。

 

本題に戻ると最初の『SAO』での要素が『劇場版SAO』ではARのオーグマーで改めて提示されている。ドラマ的には誰もが共感できるよう主要キャラのアスナとあるキャラに仕掛けがされてはいるが、キリトが二人のためにしてやることが結果としてあの4000人の「想い」をどうするのかがこの映画のテーマだと考える。もっとも『劇場版SAO』では流れは示しても答えは示さない。これは当然だろう、それをしてしまうとキリトという一人の侠客の物語は終わってしまうのだから。

 

そしてキリトの物語の終わりは茅場晶彦の「可能性」の終わりも意味する。だから、この物語はおそらくは終わらないだろう。

 

本来なら孤独な戦いなのだが、幸い(?)キリトには嫁もいるし子供いる。そして彼の義侠心に引かれて彼の周りには仲間がいる。女性が多いのは、まぁジャンルとしてのお愛嬌なのだけれども。

 

 

 

 

 

義理と人情―長谷川伸と日本人のこころ (新潮選書)

義理と人情―長谷川伸と日本人のこころ (新潮選書)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

映画(全般) ブログランキングへ